ニュース
» 2017年11月30日 15時00分 公開

ついに登場:USB-IF認証済みでUSB PD準拠のACアダプターが登場、まずは65Wと46Wから

一般流通する製品としては初めて、USB-IFの認証を取得したUSB Power Delivery規格準拠のACアダプターとカーチャージャーが、ゴッパから12月下旬に発売される。

[田中宏昌,ITmedia]

USB Power Delivery 2.0に準拠

 ゴッパ合同会社は2017年11月30日、日本では初めてとなるUSB Implementers Forum(USB-IF)の認証を取得したUSB Power Delivery 2.0準拠のACアダプターとカーチャージャー「Energearシリーズ」を発表、12月下旬から発売する。2017年8月に投入したスピーカー付きカラオケマイクと同様、アイ・オー・データ機器を通じて販売され、ioPLAZAや量販店などで購入できる。

 今回発売されるモデルと価格は下記の通りだ。

製品 価格(税別)
65W ACアダプター(ホワイト)+1.8m USBケーブル(ホワイト) 7980円
65W ACアダプター(ブラック)+1.8m USBケーブル(ブラック) 7980円
46W ACアダプター(ホワイト)+1.8m USBケーブル(ホワイト) 6980円
46W ACアダプター(ブラック)+1.8m USBケーブル(ブラック) 6980円
30W カーチャージャー(ホワイト)+0.9m USBケーブル(ホワイト) 3980円
30W カーチャージャー(ブラック)+0.9m USBケーブル(ブラック) 3980円
27W カーチャージャー(ホワイト)+0.9m USBケーブル(ホワイト) 3980円
27W カーチャージャー(ブラック)+0.9m USBケーブル(ブラック) 3980円
1.8m USBケーブル(ホワイト) 2980円
1.8m USBケーブル(ブラック) 2980円
0.9m USBケーブル(ホワイト) 2480円
0.9m USBケーブル(ブラック) 2480円
photo 「Energearシリーズ」第1弾となるACアダプター

 Energearシリーズは、ACアダプターとカーチャージャー、E-Markerを内蔵したUSBケーブルでの展開となり、いずれもホワイトとブラックの2色を用意する。第1弾として、ACアダプターは65Wと46W、カーチャージャーは30Wと27Wをそろえ、USBケーブルが付属する。

 両製品とも、USB PD 2.0に準拠したUSB Type-CのUSBポートが1基あり、同ポートを備えたスマートフォンやタブレット、PCなどに高速充電が行える。USB PD対応製品であれば、電圧や電流などを気にせずに充電が可能だ。

 また、単体でも発売されるUSB Type-Cのケーブル(USB 2.0)も、100W(5A/20V)までサポートしており、長さは1.8mと0.9mから選べる(セット品は固定)。

photo 65Wのホワイトモデル。USB Type-CのUSBポートを1基備える

 ACアダプターはAC100V〜240Vの電圧に対応しており(電源プラグは折りたたみの2ピンタイプのみ付属)、出力は5V 3A/9V 3A/12V 3A/15V 3A/20V 3.25A(46Wは20V 2.3A)となる。サイズは65Wが72(幅)×77(奥行き)×30(厚さ)mm、46Wが68(幅)×70(奥行き)×30(厚さ)mm、46Wタイプの重量は実測値で約146g、1.8mの付属ケーブルは約65gだった。

photo プラグ部分は着脱可能だ(現状、別タイプのプラグは用意されていない)

 カーチャージャーはDC12Vの電圧に対応し、出力は5V 3A/9V 3Aとなる(30WタイプのみUSB Aポートも搭載しており、こちらは5V 2.4Aの出力)。サイズはいずれも27.5(幅)×76(奥行き)×27.5(厚さ)mmだ。

photo 30Wタイプのカーチャージャーは、USB Type-CとUSB Aの端子を装備(27WタイプはUSB Type-Cのみ)

 なお、ゴッパの九鬼隆則氏は「今後は85Wや27WのACアダプターのほか、PD準拠の入出力対応モバイルバッテリー(容量は10000mAh)の投入や、世界展開も計画している」と今後の見通しを語った。

photo 参考出品されたEnergearシリーズのモバイルバッテリー。容量は10000mAhで、IP67の防じん/防水性能を備えるという。
photo ThinkPad 25にも正常に給電できていた
photo ACアダプターのパッケージ。USBコンプライアンステストに合格した製品のみに付けられるロゴマークが目を引く
photo ACアダプターに印刷された各種ロゴマーク

※記事初出時、「USB Power Delivery 3.0」準拠とありましたが、正しくは「USB Power Delivery 2.0」準拠でした。おわびして訂正いたします。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -