ニュース
» 2017年12月11日 07時00分 公開

「Firefox 57」のセキュリティアップデート公開、深刻な脆弱性に対処

脆弱性を悪用されれば、潜在的に悪用可能なクラッシュにつながる恐れがある。影響を受けるのはWindowsのみで、他のOSは影響を受けないという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Mozilla Foundationは12月7日、Webブラウザ安定版「Firefox 57」のセキュリティアップデートをデスクトップ向けに公開し、深刻な脆弱性に対処した。

 Mozillaのセキュリティ情報によると、最新版となる「Firefox 57.0.2」では、WebGLコンテンツに使用されるANGLEグラフィックスライブラリでDirect 3D 9を使って要素の描画や検証を行う際のバッファオーバーフロー問題を修正した。

photo 「Firefox 57」のセキュリティアップデートがデスクトップ向けに公開された

 悪用されれば、潜在的に悪用可能なクラッシュにつながる恐れがあるとされ、重要度はMozillaの4段階評価で最も高い「最高」に分類している。この脆弱性を突く攻撃の影響を受けるのはWindowsのみで、他のOSは影響を受けないという。

 延長サポート版の「Firefox ESR 52.5.2」も同時に公開され、同じ脆弱性に対処した。

関連キーワード

Firefox | 脆弱性 | Mozilla


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -