ニュース
» 2017年12月19日 11時00分 公開

PwCあらた、RPAのガバナンス/リスク管理態勢の構築支援サービスを開始

PwCあらたが、RPAの組織への浸透や定着化、各プロセスのモニタリング、評価など、ガバナンスの維持、改善のための仕組み作りを支援するサービスを開始した。

[金澤雅子,ITmedia]

 PwCあらた有限責任監査法人は、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の導入、利用におけるガバナンス/リスク管理態勢の評価・整備支援サービスの提供を2017年12月18日から開始した。

 同社は、RPAの導入、利用に当たって必要な、リスク管理やガバナンス面での対応事項を洗い出すフレームワークを開発。同フレームワークは、個々のロボットの重要度とリスク評価、ロボットに対するIT全般統制などのセキュリティ確保、内部統制監査対応などの「守り」の部分と、RPAの導入、目標、戦略達成や人材育成などの「攻め」の部分を含んでいるという。

Photo 「ガバナンス/リスク管理態勢の評価・整備支援サービス」のフレームワークのイメージ(出典:PwCあらた有限責任監査法人)

 同社は、同フレームワークを活用し、RPAの組織への浸透や定着化、各プロセスのモニタリング、評価など、ガバナンスの維持、改善のための仕組み作りを支援するとしている。

Photo 「ガバナンス/リスク管理態勢の評価・整備支援サービス」の例(出典:PwCあらた有限責任監査法人)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -