ニュース
» 2018年01月14日 07時31分 公開

ハワイで「ミサイル飛来、これは訓練ではない」の緊急警報、人的ミスの誤報

北朝鮮が核ミサイル実験を繰り返す中、米ハワイ州で「弾道ミサイルの脅威がハワイに向かっている。ただちに避難場所を探せ。これは訓練ではない」という緊急警報がスマートフォンに表示された。約10分後に公式ツイートで誤報と発表された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米ハワイ州で1月13日の午前8時7分ごろ(現地時間)、「弾道ミサイルの脅威がハワイに向かっている。ただちに避難場所を探せ。これは訓練ではない」という緊急警報が住民のスマートフォンに表示された。その約10分後、トゥルシー・ギャバード下院議員(ハワイ州選出、民主党)が自身のTwitterで「これは誤報です。当局に確認しました」とツイートした。

 ハワイ州政府当局である緊急事態管理局(EMA)からの発表ツイートはギャバード下院議員より1分遅い8時20分だった。

 スマートフォンにミサイルの危険はないというメッセージが送られたのは、警報から約40分後だった。

 米連邦通信委員会(FCC)によると、この緊急警報システム(EAS)は、米国の連邦政府や州政府が、国民の生命にかかわる緊急事態を報じるためのシステム。自然災害や誘拐事件などでも使われる。

 ハワイ州知事のデービッド・イゲ氏は公式Twitterで、「今朝の警報が誤報だったことにほっとしているが、EASは信頼できるものでなければならない。今後はこのようなエラーを起こさないよう対処する」とツイートした。

 州政府は同日午後1時(日本時間の14日午前8時)からこの問題についての会見を開き、Facebookのライブ動画で配信する。

 hawaii

 北朝鮮が核ミサイル実験を繰り返し、米国と緊張関係が続く中でのこの誤報に、Twitterの米国のトレンドのトップは「Hawaii」になり、批判が高まっている。

 hawaii 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -