ニュース
» 2018年01月25日 18時18分 公開

日商エレとHPEが、国内で企業のDXを支援するトータルITサービスを提供開始

日商エレクトロニクスと日本ヒューレット・パッカードが協業し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するトータルITサービスを始める。

[田中宏昌,ITmedia]

 日商エレクトロニクス(日商エレ)と日本ヒューレット・パッカード(HPE)が、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するトータルITサービスの提供について協業を開始した。これは、2017年3月にHPEが発表した「HPE Pointnext」を使ったテクノロジーサービスと、日商エレが持つ技術力を組み合わせて、既存のサービスを中心に磨きをかけて提供するもの。

 具体的に両社が提供するサービスは6つで、コンサルティング(プラットフォーム自動化に向けたコンサルティングサービス、各種アセスメントサービス)、デリバリー(ハイブリッドクラウド基盤の設計・構築サービス、IoTビジネス基盤の設計・構築サービス)、サポート(プレミアムサポートサービス)、従量課金(Pay as you grow サービス)を展開する。

 両社は、国内のエンタープライズや金融業界の企業をターゲットとして、さらなるサービス拡充を視野に協調を進める意向だ。

photo 顧客のビジネスにコミットするトータルITサービスを目指す
photo HPE Pointnextの提供サービス
photo 左から、日商エレクトロニクス 執行役員 ITプラットフォーム事業本部長 坂井俊朗氏、日本ヒューレット・パッカード 執行役員 Pointnext事業統括 小川光由氏、日商エレクトロニクス ITプラットフォーム事業本部 副事業本部長 榎本端樹氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -