ニュース
» 2018年02月09日 09時13分 公開

不具合発生のIntel脆弱性対策パッチ、修正版の提供開始

「Skylake」用のマイクロコードアップデート正式版が、2月5日の週からOEMや業界パートナー向けにリリースされた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Intelが配信した、「Meltdown」「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性への対策パッチで不具合が発生していた問題で、Intelは2月7日、この問題を修正したマイクロコードアップデートの提供を開始したことを明らかにした。

 Intelの対策パッチを巡っては、「Broadwell」「Haswell」「Skylake」などのCPUを搭載したマシンで、ファームウェアアップデートの適用後にリブートの回数が増える現象が確認され、Intelが1月22日、現在出回っているパッチの導入を中止するよう、メーカーやエンドユーザーに呼び掛けていた。

photo Intelは2月7日、不具合を修正したマイクロコードアップデートの提供を開始したことを明らかにした

 その後、原因の究明と問題の解決に当たった結果、2月5日の週に、Skylake用のマイクロコードアップデート正式版をOEMや業界パートナー向けにリリースしたと説明。数日中に、他のプラットフォーム向けのアップデートもリリースする見通しだとしている。

 同時に、顧客やパートナーが正式版へ移行する前にテストできるよう、β版のマイクロコードアップデートの提供も続けている。

 アップデートはOEMのファームウェア更新を通じてユーザーに配信される見通し。Intelでは「常にシステムを最新の状態に保つことが重要」と強調し、アップデートを受け取ったら直ちに適用するようユーザーに呼び掛けている。

関連キーワード

Intel | 不具合 | Skylake | CPU | 脆弱性


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -