ニュース
» 2018年02月20日 09時40分 公開

インド文字でクラッシュする問題を修正 iOSのアップデート公開

Appleが「iOS 11.2.6」「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」を公開。特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュする問題を修正した。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo iOSのアップデートが公開され、インド文字でクラッシュする問題を修正した

 米Appleは2月19日、iOSやmacOS High Sierraなどのアップデートを公開し、インドで使われているテルグ語の特定の文字を受信するとアプリがクラッシュする問題に対処した。

 Appleのサポート情報によると、iOSの更新版となる「iOS 11.2.6」では、特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュする問題、および一部の他社製のアプリが外部アクセサリに接続できない問題の2件を修正した。

 また、セキュリティ関連ではCoreTextの脆弱性に対処した。この脆弱性を悪用された場合、細工を施した文字列を処理することによって、ヒープ破損を誘発される恐れがあった。

 iOSと同じ不具合や脆弱性は、同日公開された「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」「watchOS 4.2.3」「tvOS 11.2.6」でも修正されている。

 今回の問題では、iPhoneなどでテルグ語の特定の文字を含むメッセージを受信するとクラッシュする現象が確認され、WhatsAppやFacebook Messengerなどのアプリも影響を受けると伝えられていた。

関連キーワード

iOS | クラッシュ | 脆弱性


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -