ニュース
» 2018年04月23日 11時00分 公開

機械学習による「自律型データベース」:日本オラクル、自動管理や自動保護、自動修復が特長の「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」を提供開始

日本オラクルは、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の提供を国内で開始した。簡単な設定で、自動バックアップや暗号化、パッチの自動適用が可能になる他、高可用性に対応するデータベースシステムも構築できる。

[@IT]
日本オラクル 執行役員 クラウドソリューション営業統括の竹爪慎治氏

 日本オラクルは2018年4月19日、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の提供を国内で開始した。同社が「自律型データベース」と呼ぶ「Oracle Autonomous Database Cloud」を活用したサービスで、自動管理や自動保護、自動修復が特長だ。

 Oracle Autonomous Database Cloudは、ワークロードの違いによって、Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudと「Oracle Autonomous OLTP Database Cloud」の2つに分けて提供される。Oracle Autonomous OLTP Database Cloudの方はOLTP(OnLine Transaction Processing)の名が付く通り、オンライントランザクション処理向けのもので、2018年夏頃リリース予定だ。

 Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudは、ウェアハウスのプロビジョニングがワンステップで完了する。簡単な設定で、自動バックアップや暗号化、パッチの自動適用が可能になる他、高可用性に対応するデータベースシステムも構築できる。処理性能についても自動的に最適化する。

Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudで軽減可能な管理業務(出典:日本オラクル)

 これらの機能について、発表会で日本オラクル 執行役員 クラウドソリューション営業統括の竹爪慎治氏は「Oracle Databaseの進化の歴史の間に培われた自動化機能が下支えとなっている。機械学習によってシステムの構築や管理、運用を簡単にし、高いセキュリティや可用性を低コストで提供する」とした。

 Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudはオンプレミスで運用している既存のOracleデータベースとの互換性を備えており、オンプレミスからクラウドに容易に移行できるという。Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudのアーキテクチャおよび構成要素は下図の通りだ。

Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudのアーキテクチャ(出典:日本オラクル)
Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudの構成要素(出典:日本オラクル)

 Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudには、CPUの利用に関して課金する「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud - Extreme Performance Edition」と、利用するデータ量に課金する「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud - Exadata Storage」の2つのメニューが用意される。価格は、前者が1OCPU/時間で38.667円(ライセンス持ち込みあり)または201.333円(ライセンス持ち込みなし)、後者が1TB/月で1万7760円(いずれも税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -