ニュース
» 2018年05月14日 07時00分 公開

4件のセキュリティ問題を修正:Google、「Chrome 66」安定版のアップデート公開

デスクトップ向けの更新版で修正された脆弱性は、組み合わせるとサンドボックス脱出に利用される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo GoogleはWebブラウザ「Chrome 66」安定版のアップデートを公開した

 米Googleは5月10日、Webブラウザ「Chrome 66」安定版のアップデートをWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。更新版は、デスクトップ向けがバージョン66.0.3359.170、Android向けが同66.0.3359.158となる。

 Googleのブログによると、Windows、Mac、Linuxを対象とするデスクトップ向けの更新版では、4件のセキュリティ問題を修正した。このうち拡張機能における特権昇格の脆弱性と、V8における型の取り違えの脆弱性は、組み合わせるとサンドボックス脱出に利用される恐れがあり、危険度が同社の4段階評価で最も高い「Critical」に分類されている。

 デスクトップ向けのChromeは、数日から数週間かけて配信される予定。

 一方、Android向けの更新版では、写真をWebにアップロードする際の不具合が修正された。更新版はGoogle Playから入手できる。

関連キーワード

Google Chrome | 脆弱性


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -