ニュース
» 2018年05月17日 08時00分 公開

AIよ、新人記者の仕事まで奪うのか:記事要約を瞬時に作るAIを富士通が開発 その精度とスピードに驚いた

文章の重要な内容を逃さずに、自分の好きな長さに自動で要約できるサービスが、富士通フォーラムで展示される。これまで人がやっていた「文書全体から重要な情報を選別し、つなぎ合わせて再構成する」作業を、機械が一瞬で終わらせる。

[高木理紗,ITmedia]

 「記事の要約」は、長い文書から重要な情報を見極める訓練として、新人記者が最初にやる仕事の1つだ。その業務が、新人と指導役の厳しい(?)先輩記者からAIに受け渡される日は近いのかもしれない。

 文章を任意の長さに要約でき、なおかつ重要な内容は逃さない――AI(人工知能)を使った文書要約の自動化サービスが、富士通フォーラム(5月17〜18日開催)で展示される。

 文書を要約する際、これまで人がやっていた「全体から重要な情報を選別し、文章を再構成する」作業を、機械が一瞬で終わらせる。信濃毎日新聞では、2018年4月に同サービスを導入。一度出版した記事をケーブルテレビ向けに要約する際、従来は人が1記事当たり数分を費やしていた作業を自動化し、現在は一瞬でできるようになったという。

画像 富士通の文書要約サービス(参考出展)のデモ画面。要約文字数180文字、短縮率100%(短縮しない)で設定した例

 同サービスは、専用画面にユーザーが文書を入力し、要約したい長さの文字数を設定すると、同社のAI「Zinrai(ジンライ)」が自然言語処理技術で1つ1つの文章を解析して「重要度」を点数で評価。点数が高い文章を抽出する仕組みだ。単に文書全体の文字数を削減するだけではなく、各文章についてもあらかじめ設定した「短縮率」に基づき、「どちらかといえば重要度が低い」と判断した部分をそぎ落とすことができる。これにより、日本語としてより自然な流れを持った要約文を作成できるという。

画像 富士通の文書要約サービス(参考出展)で、文章の短縮率を80%に設定した例

 この仕組みを支えるのは、開発にあたり、同社が機械学習で構築した「重要文抽出モデル」だ。文書の冒頭や最後に位置する文章や、他の多くと同じ単語や似た意味を持つ文章、「すなわち」「つまり」などで始まる文章に加点し、「例えば」などで始まる文章を減点するなどの指標を定めた。

画像 文書要約サービスの仕組み

 従来の要約サービスでは、「LEAD法」と呼ばれる最初の数文のみを抜粋する方法が一般的で、文書の中ほどや末尾に含まれる情報を見逃してしまう課題があった。

 「今回の要約サービスでは、各文の重要度を判定するため、重要な情報を逃さず、人間と同じ精度で高い要約文を作成できる」(説明員) 

 文章の長さを自由に設定して要約できるようになれば、今後は電光掲示板やスマートスピーカーでの読み上げ用など、活用の幅が広がるだろう。富士通は、今のところ同サービスを正式に商品化していないが、今後はさまざまな用途に合わせた活用を検討していきたい考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -