ニュース
» 2018年05月17日 17時00分 公開

2018年第1四半期、クラウドインフラ市場でAWSのシェアは揺るがず33%前後 Microsoft、Googleが追撃

米調査会社のSynergy Research Groupが、2018年第1四半期におけるクラウドインフラサービスの調査結果を発表しました。シェアのトップは依然としてAWSが独走しています。

[新野淳一,Publickey]

 この記事は、新野淳一氏のブログ「Publickey」の記事「2018年第1四半期、クラウドインフラ市場でAWSのシェアは揺るがず33%前後、マイクロソフト、Googleが追撃、IBMは苦戦中。Synergy Research」を許可を得た上で転載、編集しています。


 米調査会社のSynergy Research Groupが、2018年第1四半期におけるクラウドインフラサービスの調査結果を発表しました。同社のクラウドインフラサービスの定義は、IaaSとPaaS、ホステットプライベートクラウドを合わせたものです。

photo クラウドインフラサービスのシェア率の推移(出典:Synergy Research)

 1年前の2017年第一四半期と比較して、市場は51%成長しつつも、市場のリーダーであるAmazon Web Services(AWS)は33%前後のシェアを維持。引き続き、2位以下を大きく引き離したままです。

 その2位につけているのがMicrosoftでシェアは13%前後。3位のIBMはシェアが伸びず苦戦中で、手堅くシェアを伸ばしている4位のGoogleにいずれ抜かれたとしても不思議ではない状態。そして5位にはAlibabaが。こちらも堅調なシェアの伸びを見せています。

 Alibabaよりも下位には、どんなクラウドベンダーがいるのでしょうか。1つ前の2017年第4四半期のSynergy Researchのレポートでは下記のようになっていました。

photo 2017年第4四半期におけるクラウドインフラサービスのシェア率(出典:Synergy Research)

 「Next 10」として富士通、NTT、Oracle、Rackspace、Tencent、Salesforce.comの名前が挙がっていました。これら下位企業のなかで、Alibabaを破って上位5社に進出してくる企業は登場するのでしょうか?

 この記事は、新野淳一氏のブログ「Publickey」の記事「2018年第1四半期、クラウドインフラ市場でAWSのシェアは揺るがず33%前後、マイクロソフト、Googleが追撃、IBMは苦戦中。Synergy Research」を許可を得た上で転載、編集しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -