ニュース
» 2018年06月13日 08時30分 公開

Chrome拡張機能、Google公式ストアを経由しない「インラインインストール」を段階的に廃止

新しく公開される拡張機能については、6月12日からインラインインストールができなくなり、9月12日からは既存の拡張機能についても無効になる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは6月12日、Webブラウザ「Chrome」向けの拡張機能について、Google公式ストア以外のWebサイトから直接入手できる「インラインインストール」を段階的に廃止すると発表した。

photo Chromeウェブストア

 Chromeの拡張機能を巡っては、不正な機能を仕込んだ悪質な拡張機能が相次いで発覚している。Googleによると、迷惑な拡張機能のせいでChromeの挙動が突如変わってしまったという苦情が、ユーザーから大量に寄せられているという。

 不正な拡張機能はGoogleの公式ストア「Chromeウェブストア」でも見つかっているが、ユーザーから寄せられる苦情の大半は、公式ストア以外のWebサイトを通じて拡張機能を提供するインラインインストールに原因があると同社は説明する。

 「Chromeウェブストアからインストールされた拡張機能は、インラインインストールを通じてインストールされた拡張機能に比べて、アンインストールされる確率も、ユーザーの苦情を招く確率も大幅に少ない」という。

 そうした実態を受けて、今夏以降、全プラットフォームで拡張機能のインラインインストールを全廃することを決めた。以後、拡張機能はChrome Web Store経由でしかインストールできなくなる。

photo インラインインストールの廃止を発表したGoogleのブログ

 新しく公開される拡張機能については、2018年6月12日からインラインインストールができなくなり、ユーザーは自動的にChrome Web Storeにリダイレクトされる。

 9月12日からは、既存の拡張機能についてもインラインインストールが無効になる。12月初旬に安定版をリリース予定のChrome 71では、インラインインストールAPIの手段が削除される。

 インラインインストール方式で拡張機能を提供しているWebサイトでは、Chrome 71の安定版が公開される前にインストールボタンを更新して、Chrome Web Storeにリンクさせる必要がある。

関連キーワード

Chrome Web Store | Google


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -