ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Chrome Web Store」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Chrome Web Store」に関する情報が集まったページです。

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】作業ごとに必要な複数のタブを一発再表示する方法
調べ物をしていてGoogle Chromeのタブをどんどん開いていたら、パソコンの動作は重くなり、タブの整理は追い付かず、収拾が付かなくなった……。作業ごとに必要な複数のタブを素早く保存&再表示する方法を紹介。(2020/11/18)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【中編】
「Chromebook」を安全にする「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」とは?
「Chromebook」はさまざまなセキュリティ機能を備える。その中から「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」をざっくりと解説する。(2020/11/13)

Gmailなどのアイコンを旧デザインに戻すChrome拡張登場 カラフルなのが許せないあなたに
親に向かって何だその派手な配色は。(2020/11/5)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【前編】
いまさら聞けない「Chromebook」の基礎 “データを持たない”利点と欠点は
「Chromebook」は機能をそぎ落としてコスト効率を追求したノート型デバイスだ。ビジネスでChromebookを利用する上で、IT管理者が考慮すべき点は何か。まずはChromebookの基本的な仕組みを説明する。(2020/11/3)

Googleが「Chromeウェブストア」の決済システムを段階的に廃止へ
不正の横行が指摘されていたのを受け、Chromeウェブストアの決済システムを使った有料拡張機能の販売を取りやめる。(2020/9/24)

Tech TIPS:
スマホ版とWindows版 二刀流で「LINE」全方位対応
部署内の連絡などでLINEを利用するところも増えているようだ。ただ、PCで作業していると、いちいちLINEを見るためにスマートフォンを手に取るのが面倒になる。実は、LINEアプリはWindows 10用にも提供されている。そのインストール方法を紹介しよう。(2020/8/27)

Tech TIPS:
お気に入り、パスワード、設定をChromium版Microsoft Edgeにまるっと移行する
Windows Updateによる新しいMicrosoft Edgeへの更新が開始されている。新しいMicrosoft Edgeに更新すると、新たにブックマークなどの設定が必要になる。これらの設定は、他のWebブラウザから簡単にインポートできる。その方法を紹介しよう。(2020/7/13)

Tech TIPS:
そのChromeの拡張機能、Microsoft Edgeでも使えます
Chromiumベースの新しいMicrosoft EdgeのWindows Updateによる配信が開始された。このChromium版Edgeでは、Google Chromeで提供されている拡張機能も利用可能だ。その方法を解説する。(2020/6/22)

Webページの特定のテキストにリンクを張れるChrome拡張機能、Googleが公開
Googleが、Webページ内の特定のテキストにリンクを張れるChrome拡張機能を公開した。Chromium版Edgeでも利用可能だ。(2020/6/19)

「Chromeウェブストア」がポリシー改訂、迷惑拡張機能排除へ
Chromeウェブストアには低品質で虚偽的な拡張機能が紛れ込み、虚偽のレビューやレーティングも横行していた。(2020/5/1)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】事前に「Chromeベータ版」をインストールして仕様変更によるトラブルを未然に防ぐ
Google Chromeではときどき、Webページの表示に大きな影響を与える仕様変更が実施されます。こうした変更を事前にチェックするには、正式なリリースの前に提供される「Chromeベータ版」が便利です。その注意点とインストール方法を紹介します。(2020/4/8)

Google、LastPass、Travelexの事例を分析:
2020年1月に発生した大手Webサイトの大規模障害について解説、Uptime.com
Uptime.comは、企業Webサイトで発生した大規模なサービス停止事例をまとめたレポート「January 2020 Outage Report」を発表した。2020年1月に発生したGoogleやLastPassなどの事例を扱っている。(2020/3/4)

Chromeウェブストアに不正な拡張機能、500本あまりを削除
Googleの「Chromeウェブストア」で、不正な拡張機能500本あまりが発見され、削除された。(2020/2/14)

Chrome有料拡張機能が絡む不正取引が急増、Chromeウェブストアでの公開停止
ユーザーからの搾取を狙った有料拡張機能に関わる不正取引が急増したことを受け、Googleは「一時的な対策」として開発者の有料拡張機能公開をできなくする措置を講じた。(2020/1/28)

Chromeアプリ、Windows、Mac、Linux向けは2020年12月にサポート終了
Googleが、2013年から提供してきた「Chromeアプリ」のサポート完全終了までのスケジュールを発表した。今年12月にはWindows、Mac、Linux版が終了し、Chrome OS版も2022年6月に終了する。(2020/1/16)

Google Chrome完全ガイド:
【ログイン・同期不要】表示中のWebページをQRコードでスマホに転送
QRコードを利用して、いま開いているWebページのURLをPCからスマホへ素早く送る方法を紹介します。GoogleアカウントのログインやChromeの同期は不要です。(2019/10/23)

Google Chrome完全ガイド:
【Chrome拡張】サイトのホスト名/IPアドレスを一覧表示して、ページ表示不良解消
担当しているWebサイトでページの表示不良が生じた場合、ブラウザから接続される全サーバのホスト名やIPアドレスを知りたくなることがあります。Google Chromeの拡張機能「IPvFoo」なら、そうした情報を簡単に一覧表示できます。(2019/9/11)

バグバウンティプログラムを新設:
Googleが脆弱性発見の賞金を拡張 Google Playでインストール1億回以上のアプリも対象に
「Google Play」で1億回以上インストールされているアプリについても、脆弱性の発見者に賞金を支払う。また、アプリによるデータの不正利用発見を目的としたプログラムも新設する。(2019/8/30)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】Webの性能やセキュリティなどをまとめて検証する(Lighthouse編)
Webページ/アプリの表示速度やセキュリティ、アクセシビリティといった項目を手軽に検証できる無償ツール「Lighthouse」を、Google Chrome上で実用的に使う方法と注意点について説明します。(2019/8/28)

Google Chrome完全ガイド:
【Chrome拡張】このWebサイトいいね、どんなソフトウェアやサービスを使っているの?
デザインの優れたWebサイトや使い勝手のよいWebアプリを見つけたとき、「どうやって作ったんだろう?」と気になるようならば、事前に拡張機能「Wappalyzer」をインストールしておくと、利用されているソフトウェアやサービスを簡単に調べられます。(2019/8/21)

Google Chrome完全ガイド:
【Chrome拡張】不要なサイトをブラックリストに入れて検索結果からブロックする
Google検索でよくヒットするサイトの中に、ほとんど参照しないものが含まれていませんか? Google Chromeの拡張機能でそうした「不要な」サイトをブラックリスト化し、検索結果から除去する(ブロックする)方法を紹介します。(2019/7/17)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(51):
Windows 10 バージョン1903リリースとWDAG最新情報
Windows 10の最新バージョン「Windows 10 May 2019 Update」が一般および企業向けに正式リリースされ、ロールアウトが開始されました。今回は、企業内で展開する際の注意点と、本連載でも何度か取り上げた「Windows Defender Application Guard(WDAG)」の新機能を紹介します。(2019/6/27)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの「ユーザー」切り替え機能で共有パソコン利用のトラブルを回避する
共有PCのWebブラウザは、ブックマークや設定が勝手に追加・変更されることでトラブルにつながることがあります。Chromeで複数のユーザーを作成すれば、使い方あるいはスタッフごとにブックマークや設定などを分離して、スムーズに運用できます。(2019/6/5)

Google、Chrome拡張機能とドライブAPIのプライバシーポリシー厳格化
Googleが、Chrome拡張機能とGoogle ドライブのAPIのプライバシーポリシーを改定し、ユーザーデータへのアクセスの透明性を向上させると発表した。開発者は改定までに対処する必要がある。(2019/5/31)

Windows 10 The Latest:
Chrome互換に生まれ変わる次期Microsoft Edge その実力は?
HTMLレンダリングエンジンをこれまでのEdgeHTMLから、Google ChromeのベースとなっているBlinkに変更することが明らかにされた「Microsoft Edge」。そのプレビュー版が公開された。本稿ではそのファーストインプレッションをお伝えする。(2019/5/16)

Chromium版EdgeのCanary版と開発者版リリース
Microsoftが12月に発表したChromiumベース「Edge」ブラウザのCanaryおよびDevチャンネル版が公開された。インストールできるのはまだWindows 10のみだ。“間もなく”Beta版もリリースの見込み。(2019/4/9)

Microsoft、ChromeとFirefox向け「Windows Defender Application Guard」拡張機能公開
ユーザーが安全ではないWebサイトを開こうとするとサンドボックスに移動するMicrosoft Edgeの機能をChromeとFirefoxでも使えるようにする拡張機能がWindow Insider向けに公開された。利用するにはEdgeもインストールする必要がある。(2019/3/18)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの閲覧履歴をWindows 10のタイムラインで参照できるようにする
Windows 10バージョン1803以降に搭載されている「タイムライン」は便利な機能ですが、デフォルトではGoogle Chromeで過去に開いたWebページはタイムラインに残りません。これをMicrosoft純正の拡張機能で解消する手順を説明します。(2019/2/27)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】拡張機能「Password Checkup」でパスワード漏えいに備える
ネットサービスを使っていて怖いことの一つは、パスワードが第三者に漏えいすること。悪用される前に素早く対処するのに役立ちそうな拡張機能「Password Checkup」の使い方と注意点を説明します。(2019/2/13)

安定版の「Google Chrome 71」公開、不正防止の対策実装
計43件の脆弱性が修正された他、Web上の不正防止を目指す対策が導入される。(2018/12/6)

Tech TIPS:
Googleマップがエラーで表示されない背景と対処方法
2018年7月以降、あちこちのWebサイトでページ上のGoogleマップにエラーが発生し、正しく表示されない現象が生じている。なぜエラーが生じているのか? どうすれば解消できるのか? 具体的な手順とともに解説する。(2018/11/21)

不正な拡張機能が相次ぐChrome、Googleが防止対策を強化へ
不正が相次ぐ事態に対応して、ユーザーによるコントロールの強化や、難読化されたコードのある拡張機能の締め出しを目指す。(2018/10/2)

「オフラインGmail」Chrome拡張機能、12月3日に提供終了へ
Googleが、「Gmail」のWebアプリにオフライン機能を4月に追加したため、Chrome拡張機能の「オフラインGmail」の提供を12月3日に終了すると発表した。(2018/9/17)

マウスオーバーで瞬時に和訳 Chrome拡張の英和辞書「Mouse Dictionary」がめっちゃ便利
辞書データがローカルに置かれているので、手間なくパッと引けます。(2018/9/8)

Pixelbookを1カ月使ってみた(後編):
Android&Windowsアプリも快適に使える「Google Pixelbook」
Pixelbookではどのようなアプリが使えるのか。クラウドストレージとの連携は容易なのか。WindowsアプリやOffice 365の使い勝手はどうか。仕事で使うことを前提に使用感を紹介する。(2018/6/20)

Chrome拡張機能、Google公式ストアを経由しない「インラインインストール」を段階的に廃止
新しく公開される拡張機能については、6月12日からインラインインストールができなくなり、9月12日からは既存の拡張機能についても無効になる。(2018/6/13)

Google、Chrome拡張機能のインラインインストールを終了へ 悪用への苦情受け
Googleが、Chrome拡張機能をWebサイトから直接インストールできる「inline installation」を終了すると発表した。9月にはすべての拡張機能で無効になる。ユーザー体験の勝手な変更などへの苦情が多かったためとしている。(2018/6/13)

Webブラウザをコンピュータに(後編):
WindowsをChrome OS系OSでリプレースするための現実解
Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。(2018/5/23)

GoogleのChromeウェブストアに偽の広告ブロッカー、約2000万人がダウンロード
偽ブロッカーの作者は検索結果の上位に来るような用語をちりばめて、ユーザーがインストールするよう仕向けていたという。(2018/4/20)

Google、仮想通貨を採掘するChrome拡張機能を全面禁止に
ユーザーの同意なしに、バックグラウンドでマイニングを実行する拡張機能が増えてきた状況を受けての措置。(2018/4/3)

Google、暗号通貨マイニング関連拡張機能をストアから削除へ
Chromeウェブストアから暗号通貨マイニング用拡張機能が消える。ユーザーに通知せずに枚にingスクリプトを潜ませる拡張機能が多いための決定としている。(2018/4/3)

Google Chromeの不正な拡張機能、大手組織を含む50万ユーザーが利用
GoogleのChrome Web Storeで提供されていた拡張機能4本に、任意のJavaScriptを不正に挿入して実行する仕組みが実装されているのが見つかった。(2018/1/18)

「カタカタ、ターン!」を可視化できるChromeの拡張機能「katakatataaaaaaan」が発想の勝利
Chromeの拡張機能「katakatataaaaaaan」が公開され、話題になっている。(2017/12/22)

Android版Officeアプリ、Chromebookで利用可能に
MicrosoftがリリースしたAndroid版Office(Word、Excel、PowerPoint)アプリが、ようやくChromebookのGoogle Playストアからダウンロード、インストールできるようになった。10.1インチ以下のChromebookであれば、Office 365に加入しなくても無料で使える。(2017/11/28)

Chromeウェブストアに相次ぎ不正な拡張機能、企業をだます手口に悪用
特定の企業を狙ってGoogleの公式ウェブストアから拡張機能をダウンロードさせ、銀行口座などの情報を盗み出す事件が発生した。(2017/8/17)

運用:
Google Chrome活用に役立つ記事一覧
Windows Server Insiderで公開している記事の中から、Google Chromeに関するものをまとめて紹介する。Google Chromeの設定やトラブル解決に関するものなど、Chromeを使いこなすための情報が見つかるはずだ。(2017/7/28)

「Adobe Acrobat」の「Chrome」用拡張機能の教訓から
Chromeで発生した「Adobe Acrobat」自動インストール問題の真相
2017年1月の「Adobe Acrobat Reader DC」アップデート時に、「Google Chrome」に新しい拡張機能が自動的に追加され、しかもこの拡張機能に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。この問題の教訓を考える。(2017/6/15)

“見た目”で判断:
Facebookの広告投稿も見破る「Perceptual Ad Blocker」登場
Facebookと「AdBlock Plus」の広告ブロックをめぐるいたちごっこが続く中、プリンストン大学の研究者がマークアップではなく、人間向けの表示を“知覚”して広告を判断するブロッカーのコンセプト実証用Chrome拡張機能を公開した。(2017/4/17)

すごーい! Wikipediaが“ジャパリ図書館”になるChrome拡張がたーのしー!
「ジャパリ図書館は誰でも編集できるフリー百科事典です」(2017/2/22)

“ChromebookでAndroidアプリ”ローリングアウト、対応モデル一覧も更新
Googleが2016年の開発者会議で発表したChromebookでのAndroidアプリ利用が、一部のモデルで可能になった。今後利用できるようになるモデル一覧も更新された。(2017/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。