速報
» 2020年02月14日 11時26分 公開

Chromeウェブストアに不正な拡張機能、500本あまりを削除

Googleの「Chromeウェブストア」で、不正な拡張機能500本あまりが発見され、削除された。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Cisco Systems傘下のセキュリティ企業、Duo Securityは2020年2月13日、GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」向けの拡張機能を提供する「Chromeウェブストア」で、不正な拡張機能500本あまりが見つかって削除されたと発表した。影響を受けたユーザーは170万人を超すと推定している。

 Chromeの拡張機能を巡っては、Googleが2020年1月に「有料拡張機能に関わる不正な取引が急増した」として、開発者による有料拡張機能の公開を一時的に停止していた。

一見無害な拡張機能が、データを不正に抜き取り

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ