速報
» 2020年05月01日 08時27分 公開

「Chromeウェブストア」がポリシー改訂、迷惑拡張機能排除へ

Chromeウェブストアには低品質で虚偽的な拡張機能が紛れ込み、虚偽のレビューやレーティングも横行していた。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2020年4月29日、Webブラウザ「Chrome」向けの拡張機能を提供する「Chromeウェブストア」で横行する迷惑な拡張機能に対し、開発者向けのポリシーを改訂すると発表した。

スクリーンショット 迷惑な拡張機能に対するポリシー改訂を伝えるChromium開発チームブログ(出典:Google)

 Chromeウェブストアでは2011年の導入以来、20万本以上の拡張機能が提供されている。Googleは不正検出システムや検査チームを通じて不正防止につとめてきた。しかしユーザーをだましてインストールさせ、手っ取り早く稼ぐことを狙った低品質で虚偽的な拡張機能が紛れ込み、虚偽のレビューやレーティングも横行していた。

Googleの定義する「迷惑な拡張機能」とは? どう排除する?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ