ニュース
» 2018年06月15日 11時30分 公開

Mostly Harmless:Appleは“しない”ことの意味を知っている (1/2)

Appleのクレイグ・フェデリギ氏は、「WWDC 2018」で、iPhoneとMacのOSの統合について“NO”と宣言。「MacはiPhoneのような動作はしない」からだといいます。その真意を探ってみると……?

[大越章司,ITmedia]

この記事は大越章司氏のブログ「Mostly Harmless」より転載、編集しています。


 新しいハードウェアの発表がなく、がっかりした人も多かったAppleの「WWDC(Apple Worldwide Developers Conference) 2018」ですが、ソフトウェアに関する発表は結構たくさんありました。

 そもそもWWDCはソフトウェア開発者向けのイベントであって、新製品発表会ではないので、これは正しい姿といえるのかもしれません。

MacはiPhoneのような動作は“しない”

 WWDC 2018で、Appleのユーザーインタフェース(UI)に対する姿勢について考えさせられたエピソードがあります。クレイグ・フェデリギ(Craig Federighi)氏のセッションで、“Are you merging iOS and macOS?”という問い掛けをスクリーンに表示した後、この画面が出たのです。

Photo

 Appleは、「iPod touch」で初めてモバイルデバイスにタッチ操作を導入し、それが「iPhone」に受け継がれました。いわば、タッチ操作の産みの親ですが、それをMacに持ち込む気はない、それも「全く」ない、という強い意志を示したといえるでしょう。

 まぁ、方針は変わるものですから絶対とはいえませんが、少なくとも「今のところは」、ということですね。その代わりに、iOSアプリをmacOSで動かす環境の開発を行っているということです。

Photo Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント クレイグ・フェデリギ氏。「WWDC 2018」で「iOS 12」について披露した(出典:Apple)

 これについて、WIREDがインタビューを行ったようです。

 この記事の中でフェデリギ氏は、「MacはiPhoneのような動作はしない」と言っています原文は “Federighi emphasized that your Mac won't start behaving like an iPhone.”)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -