ニュース
» 2018年06月27日 08時50分 公開

自分のアドレスは大丈夫? Firefox、流出被害をチェックできる新ツール提供

自分のメールアドレスやパスワードが流出していないかどうかチェックできるWebサイト「Have I been pwned?」とMozillaが提携し、新ツール「Firefox Monitor」のトライアルを開始する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 自分のメールアドレスやパスワードが流出していないかどうかチェックできるWebサイト「Have I been pwned?(HIBP)」と米Mozilla Foundationが提携し、Firefoxの新しいセキュリティツール「Firefox Monitor」を使って、ユーザーが流出情報を検索できるサービスのトライアルを開始する。

 Webサイトや企業から大量のユーザー情報が流出する事案は後を絶たない。しかしHIBPを運営するセキュリティ研究者のトロイ・ハント氏によると、自分の情報が流出したことを知らないままのユーザーが大多数を占める。そうした状況の中、Mozillaとの提携を通じて、もっと多くのユーザーに被害を認識してもらうことを目指すという。

photo トロイ・ハント氏のブログ

 Firefox Monitorのページでは、ユーザーが自分のメールアドレスを検索ボックスに入力すると、HIBPのデータベースを検索して、これまでに流出が確認された情報の中に、自分の情報があるかどうかをチェックできる。自分のアカウント情報流出が確認された場合にアラートを受信するサービスにも登録できる。

 ただ、メールアドレスを平文のまま検索すれば、プライバシーやセキュリティ上のリスクが生じる恐れもあるとの判断から、同サイトに入力するデータは「k-Anonymity」という技術を使って匿名化する措置を講じ、ユーザーのプライバシーを守ると説明している。

photo Firefox Monitorのページ

 Firefox Monitorはまず、2018年7月から主に米国のユーザー25万人を招待してテストしてもらい、いずれ一般公開する予定。公開のスケジュールは決まった時点で改めて発表するという。

関連キーワード

Firefox | メールアドレス | Mozilla | 情報流出


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -