ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メールアドレス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!E-Mail→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でE-Mail関連の質問をチェック

関連キーワード

楽天モバイル、キャリアメール「楽メール」開始 ドメインは「rakumail.jp」
楽天モバイルは、キャリアメールサービス「楽メール」の提供を始めた。通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の契約者は、ドメイン「@rakumail.jp」のメールアドレスを各種メールサービスとの送受信に無料で利用できる。(2022/7/1)

楽天モバイルのキャリアメール、7月1日から提供 名前は「楽メール」
楽天モバイルが、2022年7月1日9時からキャリアメール「楽メール」を提供する。メールアドレスは「〜@rakumail.jp」で、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」から利用する。50MBまでのメールを受信でき、迷惑メールフィルター機能も用意している。(2022/7/1)

NFTマケプレ「OpenSea」ユーザーのメルアド流出 メール配信業者の従業員が不正に持ち出し
NFTマーケットプレイス「OpenSea」ユーザーのメールアドレスが流出した。メールマーケティングサービスを提供する米Customer.ioの従業員が、OpenSeaユーザーなどのメールアドレス情報を不正にダウンロードし、外部に送信していた。(2022/6/30)

名古屋大学に不正アクセス 「ブラインドSQLインジェクション」攻撃でメアド2086件漏えいか
名古屋大学で、情報システムに関する質問を受け付けるシステムが不正アクセスを受け、メールアドレス2086件が漏えいした可能性がある。攻撃対象サーバの挙動を分析して内部情報を探る「ブラインドSQLインジェクション」を受けたとしている。(2022/6/28)

矢野経済研究所、Webサイト一時閉鎖 SQLインジェクション受けメールアドレスなど10万件以上漏えいか
矢野経済研究所が、同社のWebサイトに不正アクセスを受け、メールアドレスなど最大10万1988件が漏えいした可能性があると発表した。データベースを不正操作する「SQLインジェクション」を受けたという。(2022/6/27)

Twitterがユーザーの個人情報を不正利用【前編】
Twitterのずさんな個人情報管理 「認証用の電話番号」を広告にうっかり利用
多要素認証(MFA)のためにユーザーから受け取った電話番号やメールアドレスを、なぜか広告に利用――。Twitterは、なぜこうした事態を招いたのか。ユーザーへの影響は。(2022/6/22)

タイピングソフト「特打」を無償配布、発売25周年記念で ソースネクスト
ソースネクストはタイピング習得ソフト「特打」(Windows版)を期間限定で無償配布すると発表した。ソースネクストLINE公式アカウントを友だち追加し、氏名やメールアドレスを入力することでダウンロード用シリアル番号を受け取れる。(2022/6/21)

「BOOK☆WALKER」で不正ログイン発生 パスワード変更、購入履歴確認など呼び掛け
ブックウォーカーが運営する電子書籍販売サイト「BOOK☆WALKER」で、アカウントへの不正ログインが判明した。他サービスなどから流出したメールアドレスやパスワードを使ったパスワードリスト型攻撃によるものとみられる。(2022/6/10)

富士通の“政府認定クラウド”への不正アクセス、ユーザーのメール本文なども盗まれた可能性 復号されたパケットがロードバランサーを通過
クラウドサービス「ニフクラ」「FJcloud-V」が不正アクセスを受け、ユーザーの認証情報などが盗まれた可能性がある件を巡り、新たにユーザーのメールアドレスやメール本文なども窃取された恐れがあることが分かった。(2022/6/1)

Google、検索結果からの個人情報削除リクエスト範囲を拡大 住所やメアドも
Googleは、検索結果からの個人情報削除リクエストの対象範囲を拡大した。身分証明書の画像や住所や電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報などが追加された。(2022/4/28)

デジタル庁、宛先ミスでメール誤送信 「再発防止に努める」としながら2度目の失敗
デジタル庁が、BCC欄に記載すべき5件のメールアドレスを誤ってTO欄に記載して送信したため、受信者間で他者のメールアドレスが閲覧できる状態になっていたと明らかにした。(2022/4/1)

NTT西がEmotet感染 受託業務で使用したPCから従業員・取引先メールアドレス流出
NTT西日本が愛知県公立大学法人から受託した業務に使っていたPCが、Emotetに感染し従業員や取引先のメールアドレスが流出した。(2022/3/8)

Emotet感染メールアドレス数、2020年の5倍に 取引先からの添付ファイル、URLにも注意
JPCERT/CCによると、Emotetに感染した.jpメールアドレス数が2020年の感染ピーク時の5倍にまで急増している。取引先などから送られているように見えるメールでも安易に添付ファイルやURLを開かないよう注意喚起している。(2022/3/3)

ゲーマー向け家具「バウヒュッテ」提供元に不正アクセス SQLインジェクションでメールアドレス2万件超漏えいか
ゲーマー向け家具ブランド「バウヒュッテ」などを運営するビーズが、公式サイトに不正アクセスを受けたと発表。データベースを不正操作する「SQLインジェクション」を受け、顧客や取引先のメールアドレス計2万件以上が漏えいした可能性があるという。(2022/3/1)

Yahoo!メールに新ドメイン「ymail.ne.jp」 最低3文字から取得可能
ヤフーが、同社提供のメールサービス「Yahoo!メール」で新ドメイン「@ymail.ne.jp」のメールアドレスを3月1日から提供する。最低3文字からメールアドレスを取得できるという。(2022/2/25)

「Emotet」感染が急速に再拡大 「大幅に拡散した2020年に迫る勢い」 JPCERT/CCが注意喚起
JPCERT/CCが、メールを介して広がるマルウェア「Emotet」について、2022年2月第1週から感染が急速に再拡大していると注意喚起。悪用の恐れがあるメールアドレス数は、Emotetが大幅に拡大した2020年に迫る勢いという。(2022/2/10)

Google、仕事メアドでWorkspace(旧G Suite)を無料で使える新プラン「Essentials Starter」
Googleが「Google Workspace」(旧「G Suite」)の新無料プラン「Essentials Starter Edition」を発表した。既存の仕事用メールアドレスで利用できる。ドライブは15GBで共有は25人までなどの制限はあるがずっと無料で使えることになっている。(2022/2/4)

NHK、受信契約時に電話番号・メールアドレスの提出が必要に 4月から
総務省が、NHKから申請があった受信規約の変更を認可すると発表した。新受信規約でNHKは、受信契約者に電話番号やメールアドレスの提出を求めるとしている。(2022/2/2)

日能研に不正アクセス、メールアドレス28万件流出か SQLインジェクション攻撃で
日能研のWebサーバが不正アクセスを受け、最大約28万件のメールアドレスが流出した可能性がある。SQLインジェクションによる攻撃だったという。(2022/1/31)

ソフトバンクとY!mobileが「メールアドレス持ち運びサービス」開始 年額3300円
ソフトバンクが、12月20日に「メールアドレス持ち運びサービス」を開始した。対象となるのはソフトバンクとY!mobileのメールアドレスで、回線を解約した後でも、キャリアメールを利用することができる。利用料金は、1メールアドレスにつき年額3300円(税込み)。(2021/12/20)

Amazon SageMaker Studio Lab入門:
無料でPython/機械学習できるAmazon SageMaker Studio Labとは? Colabと比較
メールアドレスだけで無料で使えるStudio Labは、同種のColabとどう違うのか。Studio Labプロジェクトランタイムのスペック(CPU/GPUや、実行時間、メモリ、ディスクサイズなど)や機能(ランタイムの保存と再開など)について説明する。(2021/12/20)

MicrosoftがOutlookの「アドレス帳」を改良、標準でメールアドレスなどから検索可能に
米Microsoftは12月17日、グループウェア「Outlook」の「アドレス帳」を改良したことを明らかにした。従来は、標準設定の状態では名前、しかもファーストネームでしか検索できなかったものを、標準設定でラストネームやメールアドレスなどを手がかりに検索できるようにした。(2021/12/17)

ezweb.ne.jp/au.comメルアドを持ち運べる 「auメール持ち運び」が12月20日にスタート 月額330円
au携帯電話の解約後もauのメールアドレス(ezweb.ne.jp/au.com)を継続利用できるサービスが12月20日に始まる。月額料金は税込み330円で、au携帯電話の解約翌日から31日以内に申し込む必要がある。(2021/12/15)

ドコモ、キャリアメールの持ち運びサービスを12月16日に開始 月額330円
NTTドコモが、12月16日から「ドコモメール持ち運び」サービスを提供する。ユーザーがドコモを解約した場合や、ahamoに変更した場合でも、メールアドレスを変更せずにドコモメールを利用できる。利用料金は、1メールアドレスあたり月額330円(税込み)。(2021/12/15)

デジタル庁がメール誤配信 CC・BCC設定ミスで約400件のアドレスが公開状態に
デジタル庁が報道関係者へのメールを配信する際に、宛先の設定ミスにより約400件のメールアドレスが流出したことを明らかにした。(2021/11/25)

GoDaddyにデータ侵害、最大120万人のWordPressホスティングユーザーの個人情報が漏えい
大手ドメイン登録事業者GoDaddyは顧客のWordPressのシステムにデータ侵害があったと発表。最大120万人分の個人データが流出した可能性がある。メールアドレス、管理者番号、sFTP、SSL秘密鍵などにアクセスされた。(2021/11/23)

アパレル専門店「ライトオン」に不正アクセス、顧客情報24万件超が流出
全国でアパレルショップを運営するライトオンは、外部からの不正アクセスを受けて顧客の個人情報24万7600人分を流出したと発表。同社のECサイトと店舗で会員登録をしたユーザーの氏名や電話番号、住所、生年月日、性別、メールアドレス。(2021/11/4)

NHK、契約者にメールアドレスや電話番号の登録を求める規約改定案 27日から意見募集
NHKは26日、受信契約者の電話番号やメールアドレスを収集するための受信規約見直し案を公表した。27日から意見募集を行う。(2021/10/27)

Amazon.com、住所を知らない相手にギフトを贈れる新機能(受け取り拒否も可能)
Amazon.comは、メールアドレスか携帯番号しか知らない相手にギフトを贈れるサービスを米国で開始する。購入手続きでギフトをオプションで選び、メッセージとメアドか携帯番号を入力する。贈られた側はAmazonに住所を登録する必要がある(贈り主には知られない)。(2021/10/5)

「AirTag」には“善きサマリア人攻撃”の恐れありとセキュリティ研究者がAppleに警告
Appleの紛失防止タグ「AirTag」は“善きサマリア人攻撃”の恐れありとセキュリティ研究者が語った。「紛失モード」のURLには電話番号とメールアドレス以外にも、例えば任意のコードを書き込めるからだ。(2021/9/29)

新生銀行、カードローンの顧客情報を委託先に誤提供 メアド8000件超、暗証番号含む口座情報一式37件、カード番号・暗証番号も2件流出
新生銀行と新生ファイナンシャルが、複数の業務委託先にカードローンサービスの顧客情報を誤って一部提供していた。メールアドレスが約8000件の他、カードの暗証番号など口座情報一式を提供していた事例も37件あった。(2021/9/28)

山口県主催のクラウドファンディング、委託先サイトで個人情報誤表示 他人の氏名などマイページに
山口県が、県主催のクラウドファンディング事業を委託していたWebサイト「KAIKA」で他人の氏名やメールアドレスなどが誤表示される事象が起きたと発表。同サイトは運営を中止し、緊急メンテナンスを行っている。(2021/9/1)

身代わりのメールアドレスでプライバシーを保護 「Bunsin」アプリ
DataSignは、個人向けプライバシー保護アプリ「Bunsin」をリリース。自分の身代わりとなる「ブンシン」を作り出し、個人情報の漏えいやパーソナルデータの不適切な利用を検知できる。まずはメールアドレスから対応していく。(2021/8/16)

Twitter、GoogleおよびAppleのアカウントでのログインが可能に(既存アカウントとのリンクも可能)
Twitterに、GoogleアカウントまたはApple IDでログインできるようになった。これらでログインすると、名前、メールアドレス、プロフィール写真が共有される。メールアドレスが同じであれば既存アカウントとのリンクも可能だ。(2021/8/3)

Tech TIPS:
単一のメールアドレスにサブアドレスを追加して用途別に使い分ける方法【Gmail】
Webサービスなどを利用する際、メールアドレスの入力が必要なことがある。普段利用しているメールアドレスを利用したくない場合もあるだろう。そのような場合、Gmailのエイリアス機能を使って、そのWebサービス専用のメールアドレスを作るとよい。(2021/8/2)

マウスコンピューター顧客のメアド流出 外部の製品レビューツールに不正アクセス
マウスコンピューターが利用する外部の製品レビューツールが5月に不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスと購入した商品名の情報が流出。(2021/7/7)

サンリオ子会社に不正アクセス、メアド4万6000件流出か SQLインジェクション攻撃で
サンリオエンターテイメントが、同社のWebサイトに不正アクセスを受け、メールアドレス4万6421件が流出した可能性があると発表。「SQL文」を何らかの方法で実行させ、利用しているデータベースを不正操作する「SQLインジェクション」を受けたという。(2021/6/8)

Tech Basics/Keyword:
あなたも狙われている? 古くて新しい攻撃手法「ドッペルゲンガードメイン」とは
正規のドメインに似たドメイン名に間違ってメールを送信してしまう事故が報道されることがある。メールアドレスのタイピングミスが主な原因だが、ミスを誘導しやすいドメイン名が悪用されているのも一因だ。こうした正規のドメインに似たドメイン名とは……。(2021/6/4)

富士通製ツールへの不正アクセスで複数省庁や企業の情報が流出 国交省職員のメールアドレス7.6万件も確認
富士通が自社製のプロジェクト情報共有ツール「ProjectWEB」が不正アクセスを受けたと発表した。複数の省庁や企業が同ツールを利用していたことから、省庁を中心に情報流出の被害が複数報告される事態になっている。(2021/5/27)

WordPressのアンチスパムプラグインにSQLインジェクションの脆弱性、アップデートで対応を
WordPressプラグインにSQLインジェクションの脆弱性が見つかった。この脆弱性を利用されると、ユーザー電子メールアドレスやハッシュ化されたパスワードなど任意のデータを窃取される危険性があるため、アップデートを急いでほしい。(2021/5/10)

「Twitterのアップデートでメアドや電話番号のひも付けが強制オンに」投稿拡散→以前からデフォルトでオンになっていた
アップデートに関係なく、以前からデフォルトで「オン」になっていました。(2021/5/7)

「ふろ恋 私だけの入浴執事」再開へ ユーザーのメアド流出で休止から復活
ゲーム「ふろ恋 私だけの入浴執事」が4月30日に再開へ。1月に、会員のメールアドレスとニックネームが流出する問題が起きていた。(2021/4/27)

AirDropから電話番号とメールアドレスが漏れる可能性、ドイツ研究者らが課題と回避策を提示
ドイツの研究者らの報告によると、AirDropに2つの脆弱(ぜいじゃく)性があり、利用者の電話番号や電子メールアドレスが窃取される危険性があるという。問題は2019年にはすでにAppleへ報告されているがまだ対処されていないという。回避策とともに紹介する。(2021/4/26)

LinkedIn 5億人分のプロファイルデータが「販売中」との報道
5億人分のLinkedInプロファイルデータが売りに出されているとの報告があった。漏えいしたデータには電子メールアドレスや電話番号、氏名などが含まれているとされる。(2021/4/9)

LinkedInからスクレイピングされた約5億人分の公開個人情報も犯罪フォーラムで販売
Facebookに続き、Microsoft傘下のLinkedInの個人情報も犯罪フォーラムで販売されていたことが判明した。ユーザーが公開しているフルネームや電話番号、メールアドレスなどを5億人分、4桁ドルで購入できる状態だった。(2021/4/9)

「リラックマ」の会員制ファンサイトに不正アクセス メールアドレス10万件が漏えいか
イマジニアが「リラックマ」の会員制ファンサイトが不正アクセスを受け、10万5180件のメールアドレスが流出した可能性があると発表。情報が悪用されたとする報告は受けていないとしている。(2021/1/6)

愛媛大に不正ログイン 迷惑メール3万5000件送信
愛媛大学が、学生2人のメールアドレスから3万5000件の迷惑メールが送信されていたと発表。第三者がメールアドレスやパスワードを不正に入手した可能性が高いという。(2021/1/5)

あいちトリエンナーレに不正アクセス 個人情報漏えいの恐れ
「あいちトリエンナーレ」の実行委員会が、メール配信システムへ不正アクセスがあったと発表。約3500件分のメールアドレス、氏名などが流出した可能性があるという。(2021/1/5)

CloseBox:
hontoにあった怖い話 「サービス誤登録削除を依頼したら当方のメアド変更を提案される」の巻
あなたのメールボックスに宛先を間違えたメッセージが頻繁に届くことはありませんか?(2020/12/14)

名刺上のメールアドレスを99.7%の精度で認識 Sansanが独自OCR技術を開発
Sansanが、名刺上の文字データの認識に特化した独自のOCR技術を新たに開発した。名刺上のメールアドレスの読み取り精度は99.7%に上るという。(2020/12/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。