ニュース
» 2018年07月13日 11時41分 公開

Microsoft、手書きコラボアプリ「Whiteboard」を正式版に iOSとWebアプリも準備中

Microsoftの手書きコラボレーションツール「Whiteboard」のWindows 10アプリが正式版になった。iOSアプリも間もなく登場し、Webアプリのプレビューも準備中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月12日(現地時間)、「Windows 10」アプリの手書きコラボレーションツール「Whiteboard」を正式版にしたと発表した。

 whiteboard 1 Microsoft Whiteboard

 Microsoftは昨年12月、同アプリのプレビュー版をMicrosoft Storeでリリースした。それ以来、20万人以上のユーザーからのフィードバックがあり、それに基づいて機能を改善したという。

 whiteboard 2 iOSアプリも間もなく登場

 Whiteboardアプリを起動してMicrosoftアカウントでログインすると、手書き、付箋紙でのテキスト入力、画像の追加などができる。端末のカメラで撮影した画像も追加できる。

 「Office 365」ユーザーであれば同僚同士でコラボレーションできる他、非Office 365ユーザーでもMicrosoftアカウントを持っている人をコラボレーションに招待できる。

 現在はWindows 10アプリのみだが、「間もなく」iOSアプリを公開する予定。また、Webアプリのプレビュー版も近く公開するという。Webアプリが出れば、MacやAndroid端末でもコラボに参加できるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -