速報
» 2018年12月21日 07時38分 公開

ドイツでもiPhoneの販売差し止め Appleは上訴

Apple対Qualommの特許をめぐる訴訟で、中国に続きドイツの裁判所もAppleによるQualcommの特許侵害を認め、一部のiPhoneの販売差し止め命令を下した。Appleは上訴する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 独ミュンヘン地裁は12月20日(現地時間)、米Appleが米Qualcommのハードウェア特許を侵害しているとして、一部のiPhoneのドイツでの販売差し止め命令を出した。Appleは米CNBCに対し、上訴すると語った。

 Qualcommは、この命令はQualcommが保証金を支払えば数日後に施行されるとしているが、Appleは上訴手続きの間、「iPhone 7」と「iPhone 8」のドイツの直営店15店舗での販売を停止すると語った。通信キャリアおよび非直営店での販売も続ける。また、最新モデルは販売を続ける。上訴手続きが完了すれば差し止め措置は停止される。

 iphone AppleのドイツのWebサイトで販売されている「iPhone 7」

 AppleとQualcommは、米国中国、ドイツで特許をめぐる訴訟で争っている。

 中国での訴訟では10日、中国の裁判所がAppleのiPhoneの一部モデルについて輸入と販売を差し止める仮処分を出し、Appleは上訴した。

 ドイツでは、Qualcommは米Intel製モデムを搭載するiPhoneの販売停止を求めている。ミュンヘン地裁は、IntelとAppleのサプライヤーQorvoのチップを組み合わせたiPhoneは、Qualcommの特許の1つに違反していると裁定した。

 AppleはCNBCに対する声明文で「Qualcommのキャンペーンは、AppleとQualcommの間にある本質的な問題から注意をそらすための必死の試みだ。(中略)われわれは今回の裁定に当然失望しており、上訴する計画だ」と語った。

 Qualcommの法務顧問、ドン・ローセンバーグ氏は発表文で「この2週間以内に2つの異なる地域の2つの裁判所がQualcommの特許の価値を確認し、Appleを侵害者と認めた」と語った。

 iphone 2 Qualcommの発表文

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -