「第三者保守」で変わるハードウェア運用管理の世界

ハードウェアのサービスやサポートの終了(EOSL、EOL)に悩む企業は多いだろう。やっと安定稼働しはじめたシステムをまた多額の費用をかけて刷新するほかないのか――情報システム部門としては頭が痛い問題だ。しかし最近では、メーカーではない事業者にEOSL保守を依頼する「第三者保守」という新たな選択肢が注目を浴びている。その背景やメリットはどこにあるのか。ハードウェア運用管理の“新潮流”をお届けする。

Pick Up

保守サポート終了(EOL/EOSL)後もメーカーに代わって保守を行う「第三者保守」。そのパイオニアである「データライブ」がサーバの定期点検を行うサービスをスタートする。このサービスは保守サービスの概念を変える存在になり得るかもしれない。

メーカーの保守サポート期間を超えて、サーバやネットワーク機器のインフラを延伸保守する「第三者保守」。中古機器のイメージを脱却し“新品以上”の品質に高めるための技術開発の現場のこだわりは――数少ない国内事業者データライブの中枢「東京テクノセンター」の潜入レポート。

「やっとシステムが安定したのに、またリプレースか」――ハードウェアのサポート終了に悩む情シス担当者は多いはず。しかし最近は、メーカー保守が終了した後にメーカー以外の事業者に保守の継続を依頼する「第三者保守」という選択肢もある。そのメリットはどこにあるのか。第三者保守のパイオニアである「データライブ」のネットワーク機器メーカー保守切れサポートを例に説明しよう。

数年おきに必ず直面する、サーバをはじめとしたITインフラの保守サポート切れ。「せっかく安定稼働しているのに」――そんな現場と経営の悩みに応える、EOSL/EOL製品を延伸保守する「第三者保守」は欧米では選択肢の1つとして当たり前に存在するが、国内では認知が薄い。独立系事業者として市場拡大に取り組むデータライブに、品質と安全へのこだわりを聞く。

関連記事

少子化で学生が減るなか、コストカットが求められる大学は多い。システムにかけるお金が少なくなる中で、ITインフラの“延命”を求めるケースは多いようだ。大学のIT支援を行う企業に、情シスを取り巻く環境の変化について聞いてみた。

関連リンク

メーカー保守終了後も安心してネットワーク機器を継続利用いただけるための万全なサポート体制をご用意。

データライブのエンジニアがお客様のシステム構成をヒアリング、厳しい検査を経たBIG-IP1500機器を使用し、安全に冗長化・保守を行うサービス

データライブのEOSL/EOL保守サービス導入事例をご紹介。機器種別・保守レベル・事業規模などから事例を検索できます。

メーカー保守終了に備え保守用部材を自社で確保されたい場合はこちら。

提供:データライブ株式会社
アイティメディア営業企画部/制作:ITmediaエンタープライズ/掲載内容有効期限:2016年11月16日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連リンク

マルチベンダー対応。サービス内容のカスタマイズも可能

2015年4月東京23区内に開設。サーバ・ネットワーク機器6,000台、パーツ3万点以上を保有。見学も可能

全国対応・24×365オンサイト対応が可能。累計5,000社以上のユーザーが利用

データライブ保守サービスの実際の導入事例を紹介

期間限定でサーバやネットワーク機器などの本体機器・高品質パーツを特別放出中

ISO9001/27001認証取得。「買取」「データ消去」「アンラック」「回収」「撤去」にワンストップで対応

独自のノウハウにより厳格かつ各機種に最適なテストを実施した高品質な中古再生HDDを販売

新しい世代のハイスペックサーバも中古再生ならお手頃価格

各種ネットワーク機器を販売。送料無料のセット商品もあり