ディルバート

新着情報

icon
ディルバート(588):

物事をハッキリ言わない人って、コミュニケーションが取りづらくて、イライラするもの。そんな部下に、「ハッキリ聞こえるように話してもらう策」を思い付いたはずのディルバートでしたが……

(1月17日 08時00分)
icon
ディルバート(587):

収益増加を豪語する社長でしたが、その背後では、どうやら従業員ならではの“情報操作”が動いているようで……。

(1月10日 07時00分)
icon
ディルバート(586):

出世の道に夢や希望(?)を持つ新人君に、確実に出世が見込めない筋金入りの“サボり屋”パイセン、ウォーリーが課す試練とは……。

(12月27日 07時00分)
icon
ディルバート(585):

上司の指示に従わず、自分の采配で何とかしよう――部下がそう判断するとしたら、“ダメ上司”の烙印を押されている証明かも……?

(12月20日 07時00分)
icon
ディルバート(584):

生産性アップには、余計な作業や不毛な会議など、無駄な手間や時間を排除することが有効と言われますが、ボスの場合、本人に大きな問題があるようで……?

(12月13日 08時00分)
icon
ディルバート(583):

幹部候補を目指そうと思い立った意欲あふれる若者を前に、ボスが語る“仕事を楽しくこなすコツ”と“過去の葛藤”とは……?

(12月6日 08時00分)
icon
ディルバート(582):

クライアントがミーティングで難しい注文を言い出す……なんてことは、そう珍しくもないことかもしれませんが、そのミーティングに“1人で”乗り込むのがボスだとすると……?

(11月29日 08時00分)
icon
ディルバート(581):

そんなことならお安い御用……とばかりにボスを手伝おうとしたディルバートですが、やっぱりボス。そうは問屋がおろさずで……。

(11月22日 08時00分)
icon
ディルバート(580):

「誰かが俺に助けを求めることって、ほぼないけどな」とニヒルに語るウォーリー……。苦手な人に頼みごとをするのは、“昨日の敵は今日の友”に変えるライフハックの1つとされていますが、その手が全く効かない人もいるようで……。

(11月15日 08時00分)
icon
ディルバート(579):

「陰口なんて何の解決にもならないし、文句は直接言ってくれ」と思う人は多いようですが、場合によっては、文字通り“陰”で言うだけの方がいいことも……?

(11月8日 07時00分)
icon
ディルバート(578):

「周りの雑音が気になって、仕事に集中できない!」と思ったことはありませんか? 誰かに愚痴をぶちまけてみるのも手ですが、ディルバートの場合、図らずも“席に戻りたくなる”方法が見つかったようで……。

(11月1日 07時00分)
icon
ディルバート(577):

「部下を信じるのはリーダーに必要な資質」という説もありますが、ウォーリーの詭弁(きべん)に乗ってしまうボスの資質って……?

(10月25日 08時00分)
icon
ディルバート(576):

なるべくなら“話したくない人”にミーティングを申し込まれたら、受けますか? それともかわしますか? ディルバートのように。

(10月18日 07時00分)
icon
ディルバート(575):

鬼の首を取ったかのようにディルバートを非難する同僚くん。反論に対する様子は……あれ、焦ってるの?

(10月11日 07時00分)
icon
ディルバート(574):

どこで感化されたものやら、アジャイル“的な”手法を取り入れようとするボス。その対象には大いに問題がありそうですが……。

(10月4日 08時00分)
icon
ディルバート(573):

部下のミスを叱責……のつもりが、ボスったら、皮肉を盛り込み過ぎたせいか、自分自信が皮肉な結果に……。

(9月27日 08時00分)
icon
ディルバート(571):

従業員の健康対策に“ルームランナーデスク”なるものを勧められるボス。確かに、1日に数十キロも走るという“ハムスター並み”に運動できそうですが、職場が別のものに見えてきそうな……。

(9月13日 07時00分)
icon
ディルバート(570):

「自分の部下を信じない上司なんて!」的な“勇ましい”せりふで仕事ぶりをアピールするウォーリーですが、対するボスは、さすが部下の本性をよーく知っているようで……。

(9月6日 07時00分)
icon
ディルバート(569):

予定通り終わるはずが終わらないプロジェクト……できれば“そうあってほしくない”情シスあるあるですが、どうしても許せない人もいるようで……?

(8月30日 07時00分)
icon
ディルバート(568):

最近では「SNS疲れ」なんて言葉もありますが、人によってはTwitterは刺激が強すぎる場所なのかもしれません。依存症にはくれぐれもご注意を(?)。

(8月23日 07時00分)

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -