連載
» 2008年09月18日 12時00分 公開

進化するCIO像(2):時代の変化から、CIOとしての役割を知る (1/3)

CIOは、自社のIT活用度やシステム部門の位置付けに応じて、果たすべき役割を変幻自在に変えていくことが求められる。そうした中、CIOとして常に革新的な発想を失わないためにはどうすべきなのか? 今回はCIOが持つべき“視点”を伝授する

[碓井誠(フューチャーアーキテクト),@IT]

CIOとして輝きを持ち続けるために

 前回、「『CIO』という固定観念から、自らを解き放て!」で、私は「CIOや情報システムリーダーは、企業におけるITの活用度合いや、社内でのシステム部門の位置付けに応じて、果たすべき役割のウェイト付けを変えることが大切だ」と話した。CIOは、どの企業でも、常に“チーフ・イノベーション・オフィサー”として位置付けられているわけでもなければ、情報システム部門が、常に業務プロセスのデザインや改善・改革のリーダーシップの一翼を担っているわけでもない。

 CIOや情報システム部門のリーダーは、情報システムの開発・運用を通して、あるときは各部門を支援するサポーターに徹し、あるときは社内や取り引き先とともに業務の改善・改革を進めるコラボレーターとして働く。そして、またあるときは事業戦略の推進や新規事業の立ち上げなど、イノベーターとしての役割を果たす──陰に日向に、やり甲斐を感じつつも、さまざまな苦労の日々を送っているのが実情であろう。

 こうした中、CIOが常にイノベーティブな意識を高め、活力や輝きを持ち続けるためにはどうしたら良いのだろうか。 それには2つの方法がある。

 1つは“時代の流れをつかむ”ことである。社内のニーズや経営の要請に基づいてシステムを構築する際にも、時代の流れ、社会や顧客ニーズの変化、技術の変化を押さえることである。そうした“時代の変化”と企業の要請を照らし合わせて、常にあるべき姿をイメージしてシステムをデザインするのである。

 そうすることで、社内にだけ向けられていた視野から自己を解放し、社内の要請に付加価値を付けたソリューションを提案することができる。自らソリューションを提案する役割へ前進することで、いわれたことを実現する以上に達成感も増し、社内でのCIO機能確立に向けた大きな一歩を踏み出すことにもなる。

価値観が変われば、交流チャネル、業務プロセスも変わる

 では具体的には、時代の変化をどう取り込んでいけばよいのか。私は、2つの視点でのアプローチが重要であると思っている。

 1つはまさに世の中の変化を読むことである。人の価値観や、社会・ビジネスの仕組み、さまざまな資源の配分や、制度などの見直しが世の中の変化の現れである。図は、こうした変化を「質・価値」の変化、「チャネル・プロセス」の変化、「リソース配分」の変化の3つに分け、時代がどう進んで来たかを、売り手社会、買い手社会、価値社会の3つの段階で表現している。

ALT 図1 売り手社会、買い手社会、そして価値社会へ、といった時代の移り変わりに応じて、質や価値、チャネル・プロセス、リソース配分といった側面で重要視されるものも確実に変容していく。CIOや情報システム部は、こうした“世の中の流れ”を取り込む幅広い視野が必要である(クリックで拡大)

 “売り手社会”とは、1992年のバブル崩壊までの成長期を指している。旺盛な需要に支えられて売り手がイニシアティブを持っていた時代であり、工業化社会がその典型といえよう。それに続く“買い手社会”とは、人生の選択肢や消費の主導権が生活者に移り始め、市場原理と経済価値が人々の価値観の多くの部分を占める中で、産業や社会のサービス化やオープン化が進んだ時代である。

 そして“買い手社会”の先にあるべきものとして、私は、経済・産業、政治・行政、社会・生活の3領域が生活者主権の下に再編成され、多様な価値観が共生できる世の中を期待しており、こうした社会を“価値社会”と呼んでいる。“売り手社会”の「十人一色」から“買い手社会”の「十人十色」へ、さらに「一人十色」へと多様な価値観が生まれ、それが充足されて行くのが“価値社会”である。

 こうした変化は、プロダクトやサービスの提供者と受給者の交流チャネルを変える。売り手社会から価値社会へと進むにつれて、提供者の業務プロセスは一方向管理型から、双方向協調型の横串化された業務プロセスへと変化していく。

 例えば、リアルな商取り引きのみならず、ネットによるバーチャルかつ双方向のコミュニケーションや、不特定多数を対象にしたオープン接続環境などは、まさしく“双方向協調型の横串化された業務プロセス”といえよう。これらはビジネスの革新として必ず取り組むべき課題であると同時に、交流チャネルと業務プロセスの変化の表れでもあるのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -