ニュース
» 2006年05月31日 18時33分 UPDATE

自宅でパンダになりきれる「パンダスーツ」

映画やテレビの企画製作を手がけるビルドアップはアニマトロニクススーツ(着ぐるみ)「ハイクオリティ・スーツ」のレンタル受付を開始する。第1弾は「パンダスーツ」。小型モーターで多彩な表情も表現できる。

[ITmedia]

 映画やテレビ、Webなどに関する企画製作を手がけるビルドアップは5月31日、高品質なアニマトロニクススーツ(着ぐるみ)「ハイクオリティ・スーツ」のレンタル受付を6月より開始すると発表した。第1弾として用意されるのは「パンダスーツ」。

photo

 パンダスーツは、内部の演技者がパンダの筋肉の動きや厚みを表現するインナースーツを着用し、その上に「セサミストリート」などでも利用されている最高級の毛皮を装着することで本物のようなボディを再現した。目や耳、口などには合計14個の無線操作可能なサーボモーターが装着されており、笑いや怒りなど多彩な表現も可能にしたという。

 目の部分には小型のCCDカメラがセットされており、演技者は装着したメガネ型モニターを通じて外部の様子を確認する。のぞき穴をなくしたことでスーツのリアリティを高めることに成功している。

photo

 映像製作プロダクションなどプロユース向けに貸し出しを行う。レンタルの料金は現在未定だが、1日よりレンタルが可能となる予定。現在はパンダ1体のみだが、他の動物についても検討していくという。なお、同社のWebサイトではパンダスーツを実際に着用した映像が公開されている。

※初出時、個人向けレンタルも可能と記載いたしましたが、「法人向けに限る」と貸し出しの基準が変更となったため、内容を一部訂正いたしました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.