ニュース
» 2007年04月23日 15時08分 UPDATE

ソニー、リニアPCM対応の“HDDジュークボックス”

ソニーは、250GバイトHDDを搭載した“ハードディスクオーディオレコーダー”「NAC-HD1」を5月21日に発売する。

[ITmedia]
photo “ハードディスクオーディオレコーダー”「NAC-HD1」

 ソニーは4月23日、250GバイトHDDを搭載した“ハードディスクオーディオレコーダー”「NAC-HD1」を発表した。5月21日に発売する予定で、価格は11万250円。

 CDやラジオ、外部入力などの楽曲をHDDに溜め込み、ジュークボックス感覚で楽しめるオーディオコンポーネント。録音方式には、CDと同じ非圧縮のリニアPCMを採用しており、250GバイトのHDDにCDなら約380枚分(380時間ぶん)を録音できる。蓄積した楽曲は、オーディオ機器と組み合わせて再生できるほか、USB端子を介して「ウォークマン」や携帯電話などに転送することも可能だ。

 内蔵CDドライブからHDDへの記録速度は最大16倍速。またデジタル/アナログの外部音源や内蔵のFM/AMチューナー、音楽ダウンロードなどさまざまな音源を利用できる点も特徴だ。ネットワークに接続すれば、音楽配信サービス「エニーミュージック」から楽曲を購入したり、宅内のDLNA対応サーバから楽曲をストリーミング再生することも可能になる。

 曲名やタイトルは自動入力。HDD内にGracenoteのデータベースから約35万アルバムの楽曲情報を予め収録したほか、インターネット経由で新譜情報を取得する。さらにカセットテープやMDといった外部音源から録音した場合でも、その波形データから曲を識別して楽曲タイトルを自動入力できるという。

 内蔵AM/FMチューナーによるエアチェック時には、ソニー独自の「12音解析技術」により、トークと音楽を自動的に切り分け、分類しながら録音する。楽曲の頭出しが容易になるほか、“音楽だけ”“トークだけ”といった楽しみ方もできる。また、HDDに貯めた音楽を「12音解析技術」で自動分類し、気分や雰囲気、時間帯に合わせて曲をセレクト・再生する機能も用意した。

photo 前面のディスプレイは4.3インチ。GUIの背景は、ホワイトとブラックを基調とした2種類のデザインから選択できる

 外形寸法は、430(幅)×110(高さ)×290(奥行き)ミリ。重量は約7.2キロ。外部入力端子は、デジタル2系統(光・同軸)およびアナログ1系統。出力端子はデジタル2系統(光・同軸)およびアナログ2系統。このほか、有線LANや2つのUSB端子、モニター(ビデオ)出力などを備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.