ニュース
» 2007年06月12日 15時00分 UPDATE

全面リニューアル:HD DVD搭載の新“VARDIA”登場 (1/2)

東芝は、HD DVDドライブを搭載した“VARDIA”シリーズ2製品を6月末に発売する。HD DVD機として初の「ハイビジョンW録」のほか、RD-A1と同じアンカーベイ製の1080pアップコンバータを搭載。さらにi.LinkのTS入力もサポートした。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東芝は6月12日、HD DVDドライブを搭載した“VARDIA”シリーズ2製品を発表した。いずれも6月末に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では、HDD容量が600Gバイトの「RD-A600」が20万円を切るレベル、300Gバイトの「RD-A300」は15万円前後になる見込みだ。

photophotophoto 完全に新デザインとなったVARDIA。600GバイトHDDを搭載した「RD-A600」(左)と同300Gバイトの「RD-A300」(右)。上位モデルのA600は、フロントドアがミラー仕上げで、HD DVDロゴや操作ボタンはゴールドになっている

 RD-A600/A300は、「VARDIA」ブランドのトップモデルという位置づけ。基本的なハードウェア構成は同一で、HDD容量以外の違いはフロントパネルの一部デザインだけ。A600ではドアがミラー仕上げになっているほか、VARDIAロゴなどはゴールドで印刷されている。A300の場合は一般的なクリアパネル&シルバー印刷だ。

 HD DVDドライブは、HD DVD-R/-R DLへの書き込みに対応したDVDマルチドライブ。もちろんHD DVDソフトはアドバンストコンテンツを含めて再生可能だが、書き換えメディア(HD DVD-RW)には対応していない。「安価なメディア(HD DVD-R)に録画できるVARDIAシリーズの上位モデルという位置づけから、今回はHD DVD-RWの対応を見送った」(デジタルAV事業部DAV商品企画部長の石田和彦氏)。また、カラ付きDVD-RAMは使用時にケースから出す必要がある。

photophotophoto HD DVDドライブ(左)と背面端子群(中)。カラ付きDVD-RAMはケースから出す必要がある。前面のDV入力端子とは別に、背面のi.Link(TS)を備えた(右)。ほかのi.Link機器と常時接続しておきたい場合でもスマートに結線できる

 「RD-A1」と同じアンカー・ベイ・テクノロジーズ製のアップコンバート回路を搭載し、DVDビデオの1080p出力に対応している。サラウンド音声に関しては、Dolby Digital PlusやDolby TrueHD、DTS HD(コア)をデコードし、HDMI経由で5.1ch PCM出力が可能だが、生のストリーム信号を出力する機能はない。同社デジタルAV事業部DAV商品企画部の青山幸司氏によると、「RD-A1の録画機能に(海外モデルの)HD-A20の再生機能を組み合わせたようなイメージ」という。

 ただし、トータル性能は従来機を凌駕している。両機とも2つのデジタル3波チューナーを搭載しており、RD-A1では対応していなかったデジタル放送の2番組同時録画(ハイビジョンW録)が可能。新たにメインチップセットやソフトウェアがHD DVDに対応した「VARDIAエンジン」を搭載したことで、W録時の同時動作の制限が大幅に少なくなり、「新デジタルWEPG」などGUIの表示速度やHD DVD操作のレスポンスも向上しているという。

 たとえば、ハイビジョンW録中でも、録画済みタイトルの追っかけ再生や編集が可能になった。HD DVDに関しては、負荷の大きいパッケージソフトの再生こそ同時には行えないが、録画済みHD DVD-RやDVDメディアは再生できるという。

photophotophoto EPGは縦表示・横表示の両方に対応する「新デジタルWEPG」(左、中)。「見るナビ」(右)

 編集機能も大幅に強化された。デジタル放送のTSタイトルや外部入力などのVRタイトルは、HDD内で混在可能。従来通りフレーム単位の編集に対応する。また、DVDに記録した番組をHDDを介してHD DVDに無劣化ダビングが可能だ(非コピーワンスのもの)。「DVDメディアから画質・音質ともに無劣化ダビングできるのはHD DVDだけ。Blu-rayレコーダーでは、VRタイトルで実時間の再エンコードが必要な場合もある」(デジタルAV事業部DV商品企画部商品企画担当の片岡秀夫グループ長)。

 さらに、ユーザーから要望が多かったという“i.LinkのTS入力”もサポートした。i.LinkのTS出力に対応したRDシリーズのHDDにある番組を、RD-A600/A300を介してHD DVD-Rメディアに保存することができる。対応機種は、「RD-X6」「RD-Z1」「RD-T1」「RD-XD91」「RD-XD92D」「RD-S600」の6機種で、他社製レコーダーとの連携動作は保証していない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.