ニュース
» 2007年09月03日 14時26分 UPDATE

ソニー、世界初16ミリ径ユニット搭載「究極のEXモニター」

ソニーが密閉型カナル型イヤフォン「MDR-EX700SL」を発売。世界初という16ミリ径という大口径ユニットを搭載するEXモニターの最上機種。

[ITmedia]

 ソニーは9月3日、密閉型カナル型イヤフォン「MDR-EX700SL」を10月20日より販売開始すると発表した。価格は3万6750円。

photo 「MDR-EX700SL」

 新製品は「MDR-EX90SL」など“EXモニター”の最上機種。密閉型としては世界初という16ミリ径という大口径ユニットを搭載(MDR-EX90SLは13.5ミリ径)。ドライバーユニットを外耳道に対して垂直に配置する「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー」方式を開発することで、密閉型イヤフォンへの大口径ユニットの搭載を可能としている。

 振動板には厚さ0.1マイクロメートル以下の高分子素材を数百層に渡って積層させたマルチレイヤーダイヤフラムを新開発したほか、マグネットには高磁力ネオジウムマグネット採用。マグネシウム製の筐体はドライバーユニットを一体化させた形状となっており、音質劣化につながる振動を最大限に抑制する。再生周波数帯域は4〜28000Hz、感度は108dB/mW。

 装着感にもこだわり、2種類の硬度をもつ素材を組み合わせたハイブリッドシリコンイヤーピースを使用する。外径と全高についてもそれぞれ3種類ずつ、合計7タイプのイヤーピースが付属している。

photo 装着例

関連キーワード

ヘッドフォン | ソニー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.