ニュース
» 2008年12月17日 21時18分 UPDATE

全人類66億人の頂点を目指せ! 「連覇ジャンケン」

全世界の人口66億人がトーナメント形式でジャンケンを行った場合、33回連続で勝つと世界一になれる――数字上の理論を実践するためのジャンケン専用液晶ゲームが登場する。

[ITmedia]
photo 「連覇ジャンケン」(c)WiZ2009

 ウィズは12月16日、液晶ゲーム「連覇ジャンケン」を発表した。「くだらねぇ〜」モノを作り続けるナゾの兄弟「こよい兄弟」シリーズ第2弾。1月24日に発売する予定で、価格は1029円。

 全世界の人口66億人がトーナメント形式でジャンケンを行った場合、33回連続で勝つと世界一になれる……そんな数字上の理論を実践するためだけに作られたジャンケン専用液晶ゲーム。連勝すると、その回数で世界順位が分かるほか、見事の33連勝すると「霊長類ヒト科最強」の称号が与えられる。

 遊び方は簡単。本体の液晶画面に「ジャン」「ケン」「ポン」と順に表示されるため、「ケン」のタイミングでバー、チョキ、グーのいずれかのボタンを押す。「ポン」で相手と自分の手が画面に表示され、勝敗が決まる。

 待受画面でチョキボタンを押すと、それまでの対戦記録を確認可能。今までの自分の世界順位と地域別の順位を見ることができる。また、対戦記録の最後にはID番号が表示されるが、それを何に利用するのかは明らかにされていない。「いつか役立つ日が来るかもしれません……」(ウィズ)。

 本体サイズは48(幅)×74(高さ)×20(厚さ)ミリ。重量は27グラム。対象年齢は7歳以上。

関連キーワード

コミュニケーション | おもちゃ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう