連載
» 2009年03月10日 11時48分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですがなにか?」第48回:恐るべきリラックス効果!? 目のリラクゼーションマシン「アイ・ビブラート」 (1/2)

今回紹介するのは、目のリラクゼーションマシン「アイ・ビブラート」だ。空気加圧と振動、温熱の3つの機能で目の周りをリラックスさせるというこの機器。PCを使って仕事している人や勉強に忙しい人などにぴったりだ。

[橘十徳,ITmedia]

 先日、自動車免許の更新に行って視力検査をしたら、視力が良くなっていてビックリした。理由としては、ここ数年で野菜を多く食べるようにしたことや、ジョギングを始めたことが考えられるが、それにしても人間の目というのは生活習慣によって良くなったり悪くなったりと実に敏感に反応するのものだなあ、としみじみ実感した。

 とくにワタクシのようなPCの前に座りっぱなしで仕事をしている人は、定期的にディスプレイから目を離して遠くを見たり、目の周りをマッサージするだけでもだいぶ違うものだ。そのためのきっかけ作りとしてオススメなのが、今回紹介する「アイ・ビブラート」。この商品は、簡単にいうと目の周り専用のマッサージ器で、加圧や振動のほか、温熱機能も持っている。3つの機能を組み合わせることで、疲れた現代人のストレスを癒してくれるユニークなリラクゼーションマシンなのだ。

photophoto 本体とコントローラー(左)。パッケージ箱は比較的収納しやすい(右)

 最初から“オススメ”などと書いてしまったが、この商品は値段もお手頃で実際イイのである。この手のユニークな製品は、けっこう高く値付けされることが多いのだが、今回はこれを楽天市場の某店で税・送料込み4280円で手に入れた。いくつかの店を回ってみたが、だいたい5000円以内で買えるようだ。5000円前後というと買うのにちょっと悩んでしまう人もいるかもしれないが、マッサージというのは人に頼むとかなり高い。それを思えば、一度買ってしまえばずっと使えるこの機器に数千円支払うのも、けっして高くはないと思うのだ。

ACアダプタも付属

 本体のデザインは一見するとヘッドマウントディスプレイのようだが、目に当たる部分はパッドになっていて、装着するとなにも見えない。本体からはコードが延びてコントローラーへとつながっており、このコードがかなり太く、けっこうかさばる。コントローラーは85(幅)×135(長さ)×35(厚さ)ミリで、大きめのボタンと動作状況を示すインジケーターが搭載されている。このコントローラーは本体を目に装着した状態で操作するわけだから、当然ながら操作するときにボタンは見えない。手探りで操作するならボタンは大きめに越したことはないわけだ。ただ、旅行などに持って行きやすいように、もう少しサイズを薄くしてほしかった気はする。

photophoto ヘッドマウントディスプレイのような本体(左)。アイパッド上部にはメンテナンス用のチャックがある(右)

 電源は単三形アルカリ乾電池4本で、消費電力は4ワット。1日5〜10分の使用で約1カ月の寿命だという。このほかACアダプターも付属しているので、電池を入れるのが面倒な場合はAC接続にしよう。マッサージ中に電池切れで使えなくなってしまうと悲しいので、ACアダプターの付属はとてもウレシイ。本体やコントローラーの作りは、正直チープな感じだが、値段が値段なので仕方ない。ただ、目に当てるパッドは割としっかりしている。

photo 付属のACアダプタを使うと、電池なしで利用可能
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう