ニュース
» 2011年04月20日 21時52分 UPDATE

ゲームやアニメ、3Dも:ぜいたくなパーソナルサイズ、“REGZA”「ZP2シリーズ」 (1/2)

東芝は、液晶テレビ“REGZA”の新シリーズとして、「プレミアムパーソナルモデル」をうたう「ZP2シリーズ」2機種を発表した。さらに遅延を抑えたゲームモードやアニメに最適化された映像処理も搭載。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東芝は4月20日、液晶テレビ“REGZA”の新シリーズとして、「プレミアムパーソナルモデル」をうたう「ZP2シリーズ」2機種を発表した。26V型と32V型をラインアップ。「ZPのPは、プライベートのP。ネットコミュニティなどで多く見られた『小さな“Z”がほしい』という声に応えたものだ」(東芝でREGZAの商品企画を担当する本村裕史氏)。

ts_rzp01.jpgts_rzp02.jpg 32V型の「32ZP2」(左)と26V型「26ZP2」(右)

型番 32ZP2 26ZP2
解像度 1920×1080ピクセル
倍速駆動 ○(アクティブスキャン240) なし
3D表示 偏光フィルター方式(専用メガネ1個同梱)
チューナー 地上デジタル×2、BS/CS110度×2
入出力端子 HDMI×3(InstaPort S対応)、D5、コンポジット×2、光デジタル音声出力、USBなど
USB HDD録画
実売想定価格 15万円前後 13万円前後
発売時期 6月上旬

 両サイズともフルHD解像度(1920×1080ピクセル)のIPSパネルを採用し、3D表示をサポート。映像エンジンは「レグザエンジンCEVO」で、超解像技術「レゾリューションプラス6」など大画面モデルに迫る機能を備えた。また32V型には倍速駆動パネルとエリアコントロールが可能なLEDバックライトを搭載。倍速駆動と上下5分割のバックライトスキャンを組み合わせた「アクティブスキャン240」で動画表示性能を向上させている。画質の傾向は、「マスターモニターを強く意識した」(同社)。

 USB外付けHDDへの録画も可能だ。デジタルチューナーは2系統のため、「おでかけW録」(2番組同時録画)もしくは「ウラ録」(1チューナーで視聴、1番組録画)となるが、自動チャプター機能「Wマジックチャプター」も備えている。

 3D表示は、同社としては初の偏光フィルター方式だ。液晶パネルを1ラインずつ交互に右目用の画像と左目用の画像を映し出すため、縦方向の解像度は半分になるものの、明るくチラつきが少ない3D映像や専用メガネが軽量化できるといったメリットがある。Blu-ray 3Dのフレームシーケンシャル方式はもちろん、3D放送のサイド・バイ・サイド方式などを再生できる。

ts_zp01.jpg 偏光フィルター方式の概要

 専用メガネ「レグザシアターグラス」(FPT-P200)の重さは約20グラムで、電源も不要。テレビには1個が同梱(どうこん)される。「シャッターが不要で外光などに起因するフリッカーがなく、応答性にも優れている。とくに長時間プレイしてしまいがちな3Dゲームでも目がつかれにくい」。なお東芝では、偏光メガネが映画館で多く使用されていることから「シアターグラス3D」と命名した。

ts_rzp03.jpgts_rzp04.jpg 専用メガネ「レグザシアターグラス」(FPT-P200)は約20グラムと軽い

ゲームやアニメに強い

 「3Dゲーム・ターボ」は、メモリ制御技術のFIFO(First In First Out)を応用してゲームプレイ時の遅延を抑える技術だ。32ZP2の場合は、倍速処理のメモリ読み出しを約0.5フレーム進めた時点から2倍速で読み出すことが可能で、遅延時間をトータル約0.7フレームに短縮した。従来機種の「Z1シリーズ」が約1.2フレームだったのに比べると半分近い。また3Dゲームプレイ時も約2.3フレーム(約38ミリ秒)となっている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.