プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース

iPhone 6s/SE、「UQ mobile」のプロファイル不要で通信可能に――テザリングにも対応

iPhone 6s、6s Plus、SEで、プロファイルのインストール不要でUQ mobileの通信が可能になった。テザリングやMMSも利用できる。UQがiPhone 5sを取り扱ったことが関係している?

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 一部のiPhoneで、MVNOサービス「UQ mobile」の対応状況が改善された。

 SIMロックフリーまたはSIMロックを解除した「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」では、「プロファイル」をインストールしなくても、UQ mobileのSIMカードを挿入するだけで通信可能になる。

 あわせて、これまでのiPhoneでは対応していなかったテザリングとMMSも利用できるようになる。MMSを利用するには、UQ mobileのメールサービスに申し込む必要がある。

UQ mobile、iPhone

 プロファイル不要で通信可能にするには、10月下旬から配信されている最新の「キャリアアップデート」を実施する必要がある。「設定」→「一般」→「情報」にアクセスすると、「キャリアアップデート」がポップアップされるので、「アップデート」を選択。その後、ピクト表示が「au」から「UQ mobile」に変更される。これで設定は完了。

UQ mobile、iPhoneUQ mobile、iPhone キャリアアップデートを実施すると、ピクト表示が「UQ mobile」になる
UQ mobile、iPhoneUQ mobile、iPhone キャリア名は「UQ mobile 26.1」に(写真=左)。問題なく通信可能。速度もしっかり出る(写真=右)
UQ mobile、iPhoneUQ mobile、iPhone テザリング(インターネット共有)も利用できる

 今回の対応に伴い、UQ mobileの「動作確認端末一覧」にiPhone 6s、6s Plus、SEが追加されている。その他のiPhoneも5以降ならプロファイルをインストールすれば通信できるが、「一部動作が不安定なところがある」(UQコミュニケーションズ広報部)ため、100%の動作保証はしない。そのため、動作確認端末一覧には掲載していないとのこと。

UQ mobile、iPhone
動作確認端末に、iPhone 6s、6s Plus、SEが追加された
UQ mobile、iPhone
テザリングやメール(MMS)も対応している

 実際に、SIMロックを解除したソフトバンクのiPhone 6sにUQ mobileのSIMを挿したところ、キャリアアップデートが実施され、問題なく利用できた。かいつまんで言うと、UQが扱っているiPhone 5sと同じ状態になったということだ。

 さらに、UQのiPhone 5sにはないメリットとして、iPhone 6sとSEはVoLTEに対応しているため、3Gで通信を行わず、通話中にインターネット接続ができるようになる。実際に試したところ、通話中にブラジングができた。

UQ mobile、iPhone
通話中にデータ通信ができる

 なお、キャリアアップデートの対象となるのはau VoLTEに対応したUQ mobileのSIMのみ。同じくKDDIのネットワークを利用している「mineo」と「IIJmio(タイプA)」のSIMもiPhone 6sに入れてみたが、キャリアアップデートは行われず、依然として利用にはプロファイルのインストールが必要だった。テザリングも利用できないままだ。

 今回は、UQ mobileのみの特別な対応となったようだ。その経緯については「具体的なコメントは差し替えたい」(UQコミュニケーションズ広報部)とのことだが、「UQにおいてiPhone 5sを取り扱うこととなった流れで、“iPhoneを扱うキャリア”と見なされ、Appleにて対応されたものと考えています」とのこと。

 iPhone 6や7が対応していない点も含め、少し釈然としないところもあるが、SIMロックの掛かっていないiPhone SE/6s/6s Plusユーザーにとっては朗報だ。今後の対応拡大にも期待したい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る