キーワードを探す
検索

「iPhone」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

「iPhone 13 miniが23円で投げ売りされている」という情報をよく目にする。その実態を確かめるべく、都内の某家電量販店へ行き、具体的な条件や注意点を調べてみた。「23円」は一括価格ではない点に注意したい。

()

4月に控える進級や入学に向けて、子どもの携帯電話をどうするか、検討している親御さんは多いだろう。そんな人にオススメしたいのが、ドコモのエコノミーMVNOの「トーンモバイル for docomo」だ。専用プランの「TONE for iPhone」では、月額1100円で動画以外が使い放題となり、子どもが安全にスマホを使えるサービス「TONEファミリー」が6カ月間無料で利用できる。

()

NVIDIAがゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」のβ機能としてEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」のモバイル版の提供を開始する。これにより、いわゆる“Apple税”を巡る争いでAppleおよびGoogle Playストアから削除されたEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」をスマートフォンでプレイできる。

()

NTTドコモのエコノミーMVNOに、2社目となる「トーンモバイル for docomo」が加わった。「TONE for iPhone」と呼ばれる料金プランを用意し、スマートフォンを初めて持つ子どもをターゲットに設定。当のトーンモバイル自身も、ドコモから声がかかった当初は半信半疑になるほどの意外性があったという。

()

1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年10月は、スマートフォン決済のキャンペーンをまとめた記事の他、楽天モバイルが国内におけるローミングの終了を加速することを伝えた記事や、iPhone SE(第2世代)が一括10円で販売される「からくり」を解説した記事などが読まれました。

()

SNSなどで報告が相次いだ「楽天モバイル回線のiPhoneが着信できない」問題について、楽天モバイルがネットワーク側の対応を完了した。問題が発生したユーザーは、端末の電源を入れ直すか機内モードのオン→オフをしてから正常に着信できるかどうか試してみてほしい。問題が継続する場合は、電話窓口に問い合わせよう。

()

金子恭之総務大臣が、12月24日の閣議後記者会見で、楽天モバイルのiPhone着信不具合について言及した。楽天モバイルのiPhoneにて、電話を受けても着信できない不具合が起きている。総務省には、年内に解消する見込みとの報告があったという。

()

金子恭之総務相は24日、楽天モバイルで米アップルのスマートフォン「iPhone」を使っている利用者の間で着信ができない不具合が発生している問題について、楽天から年内には問題が解消する見込みだと報告を受けたと明かした。金子氏は「適切に解消されるか注視する」と述べた。

()

楽天モバイルが、iPhoneの着信に関する不具合について、正式に案内した。楽天モバイルの回線でiPhoneを利用すると、電話を受けても着信できない事象が発生している。主にパートナー回線エリアでこの不具合を確認できているという。

()

デュアルSIM対応のiPhoneにおいて、一定の条件を満たすと緊急通報ができないことがある不具合が判明して約3カ月。iOS 15.2に更新すると不具合が解消することが判明した。ただし、完全に解消するとは限らないようで、更新後に正しく通常の通話を行えるかどうかの確認を行うことが推奨される。【更新】

()

トーンモバイルは、「ドコモのエコノミーMVNO」として提供する料金プラン「トーンモバイル for docomo」の新料金プラン「TONE for iPhone」を発表した。塾に通い始める小学校高学年から、中学生、高校生を主な対象としたプラン。月額1100円(税込み、以下同)という低価格な料金で「動画以外使い放題」をうたう。【更新】

()

「iPad mini(第6世代)」を自腹で購入、レビューした。8.3型iPadの最新モデルとなる本機は、アスペクト比が約2:3で横向きにした場合に動画やゲームを見やすくなる。「iPhone 13」と同等のスペックを持っていて、いま「iPhone 11」や「iPhone XS」などの性能に満足しているならこちらの購入がおすすめだ。

()

MMD研究所が「2021年12月スマートフォンOSシェア調査」の結果を発表した。メイン利用しているスマートフォンはiPhone(iOS)が45.7%、Androidが47.0%とAndroidの方が僅差で上回ったが、年代別で見ると10〜20代は男女共にiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回っているという。

()

鉄道の駅や車両の電光掲示板やLEDサイネージを、iPhoneのカメラで撮ろうとして黒いままだったり表示がおかしく写ってしまった人は多いだろう。iPhoneのカメラはシャッタースピードを自動で設定していまうため、そういうときはサードパーティのアプリに頼るのだ。

()

サーモグラフィーカメラは、幅広いシーンで温度を測定できるが、手軽に購入できるものではない。そこでオススメしたいのが、フリアーシステムズが提供している「FLIR ONE Pro」だ。iPhoneやAndroidスマートフォンに装着するだけで、サーモグラフィーカメラとして使えるようになる。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る