キーワードを探す
検索

「iOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

ソフトバンクは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」を6月23日にオープンした。「ZEPETOアプリ」(Android/iOS)をスマホなどにダウンロードし、3Dアバターを作った上で同店へ来店すると、メタバース空間でアバターによる接客などが受けられる。サービスの契約や、端末、アクセサリーなどの購入はオンラインショップへ推移し、ユーザー自身が行わなければならない。

()

米Twitterはこのほど、新商品情報のリマインドを受け取れる新機能「Product Drops(プロダクト・ドロップ)」の提供を始めた。同機能は米国でiOS端末を所有する人に向けたもの。販売者が発売予定の商品をツイートすると、ツイートの最後に「Remind me」ボタンを表示し、購入者がそれをタップして発売日に再度通知を受け取れる。

()

ソニーは6月7日、完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S」向けにソフトウェアアップデートの配信を始めた。LinkBuds Sにペアリング済みのiOS端末、「Auto Play」アプリ、「Quick Access」機能を使って、Spotifyの再生ができない不具合などが改善する。アップデートにはAndroid/iOS用アプリ「Sony | Headphones Connect」(最新版)が必要。

()

米Appleが開発者向けカンファレンス「WWDC22」で発表したiPhone向けの新OS「iOS 16」。新しいロック画面でこれまで以上に壁紙、時計や日付をカスタマイズできるようになった。その具体的な内容と使い方をおさらいしたい。

()

Appleが2022年秋にリリース予定の「iOS 16」では、ロック画面やメッセージ、写真共有だけでなく、文字入力、Safari、マップなどでもアップデートが行われる。文字入力では、音声入力を止めることなくタッチ入力ができる。パスワードに代わる新たに固有のデジタルキー「パスキー」をSafariに導入する。

()

米Appleの開発者会議「WWDC22」が開幕した。基調講演では、新しいプロセッサ「M2」やそれを搭載した「MacBook Air」など、ハード面での新たな発表も注目されたが、大きな関心を呼んだのはやはり、アップルの各デバイスに向けたOSの新機能であろう。

()

Appleが、2022年秋に配信予定の「iOS 16」で、米国向けに「Apple Payで後払い」を提供する。Apple Payで支払うと、6週間にわたって4回払いでの分割払いが可能になる。後払いは、Apple Payが使える場所なら、実店舗でもオンラインでも利用できる。

()

米Appleは6月6日(現地時間)、開発者向けカンファレンス「WWDC22」にて、iPhone向けの新OS「iOS 16」を発表した。ロック画面を大幅に刷新。壁紙の人物に奥行きを与えたり、予定→天気のウィジェットを表示したりできる。最大6人のユーザーが写真を追加、編集できる「iCloud共有写真ライブラリ」も提供する。

()

ソースネクスト傘下のポケトークは5月26日、AI通訳アプリ「ポケトーク」(iOS/Android)の配信を開始した。利用料は週額120円、月額360円、年額3600円(いずれも税込み)で、初回3日間は無料となる。翻訳機の「ポケトーク」とほぼ同じ機能を使え、70言語を音声・テキストに翻訳し、12言語をテキストのみに翻訳できる。

()

ソニーは5月19日、ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」「LinkBuds S」向けに、スマートフォンを触らず自動で音楽を再生したり、情報を取得したりできるアプリ「Auto Play」を発表した。配信時期はAndroid向けが5月19日(LinkBuds S発表時)、iOS向けが6月上旬を予定。既発売のLinkBudsは5月31日に配信開始のファームウェア更新で対応する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る