キーワードを探す
検索

「スマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

Google Pixelの新機種が登場し、AIを用いた編集機能がテレビCMでアピールされるなど、注目を集めている。このような機能は他メーカーの機種でも利用できるが、実はメーカーによっては「編集できない」被写体がある。中国の“とある場所”で撮影した写真で試してみた。

()

KDDIがauの新料金プランとして「スマホスタートプランベーシック 5G」「スマホスタートプランベーシック 4G」の提供を開始する。各種割引を適用すると、30GBのデータ容量を契約から1年間は月額2728円(税込み、以下同)で利用できる。22歳以下の契約者は、契約から1年間は「Amazon Prime Student」の利用権付きで月額2178円で利用できる

()

ソフトバンクは、2024年4月18日に新トクするサポート(プレミアム)の提供を開始しました。高価格のハイスペック機種を1年ごとに買い替えるのにお得なプログラムですが、端末価格以外にも費用がかかるなどの注意点もあります。今回は新トクするサポート(プレミアム)がお得な場合/損する場合や注意点を解説します。

()

オウガ・ジャパンが6月27日にスマートフォンReno Aシリーズの最新モデル「OPPO Reno11 A」を発売した。メーカー直販サイト、MNOのY!mobile、楽天モバイルに加え、主要MVNOであるIIJmio、mineoのオンラインショップ価格を比較する。OPPO Reno11 Aの購入を検討している人は、どこで買うのがお得なのか参考にしてほしい。

()

さまざまな場面で利用が広がっている「QRコード」。AndroidやiPhoneといったスマートフォンの標準カメラアプリで読み取り可能だ。しかしメールやLINEで送られてきたQRコードは、スマートフォンのカメラでは読み取れない。そこで、画面のQRコードを読み取る方法を紹介しよう。ただ、メールなどで送られてきたQRコードでWebページを開く際には十分に注意してほしい。

()

2024年4月に発表された「Pura 70」シリーズは堂々と「Kirin 9010」搭載の名機。Huawei子会社HiSilicon開発のプロセッサ、Kirinシリーズの最新モデルが採用されています。カメラはDXOMARKで早速1位になっており、登場時点で全スマートフォンの中で最高峰の性能を誇ります。

()

6月27日に発売される「OPPO Reno11 A」は、パフォーマンスを向上させ、カメラや急速充電なども全面的に刷新しているのが特徴だ。OPPOはオープンマーケットのAndroidスマートフォンでは販売台数1位をキープしている。そんなOPPOの座を狙うメーカーとして、モトローラもコスパ抜群の「moto g64 5G」を投入する。

()

新しく契約したばかりのスマートフォンに、怪しい電話がかかってくるという経験をした人という人が増えているようだ。その理由は電話番号が逼迫(ひっぱく)しているため、以前他の人が使っていた番号が再割り当てされているため。古くからある事象ではあるのだが、現在そうした事象に出くわす人が増えているのはなぜだろうか。

()

UQ mobileは、6月21日に5Gスマホ「Google Pixel 8」を発売。独自プロセッサ「Tensor G3」を搭載し、トリプル構成カメラでは「ベストテイク」「編集マジック」などの機能を利用できる。価格は5万2000円(税込み)から。

()

従来、導入に高いハードルがあった「マイナンバーカード」を使った本人確認システム。それを打破すべく、デジタル庁がスマホ向けの「デジタル認証アプリ」と、同アプリを利用するためのAPIの提供を開始する。アプリとAPIの提供は、6月24日から始まる(APIの利用には審査あり)。

()

Xiaomiのスマートフォンブランド「POCO」から初のタブレット「POCO Pad」が発売されました。海外ではキーボードカバーやスタイラスも販売されており、ノートPCのように使うこともできます。POCO PadのスタイラスはUSB Type-C端子を備えており、ケーブルを直接挿して充電します。

()

シャープのフラグシップスマートフォン「AQUOS R9」が、7月中旬以降に発売される。RシリーズはスマートフォンAQUOSの最上位モデルであり、最先端の技術やスペックを盛り込んでいる。しかし2024年は“異変”が起きている。Proモデルがないこと、デザインを刷新した意図をシャープに聞いた。

()

世界のスマートフォン出荷台数ランキングでトップ5位入りの常連となったTranssion。その傘下のTenco初の折りたたみモデル「Phantom V Fold」が発売されてからほぼ1年が過ぎ、そろそろ後継機が気になるところです。Phantom V Foldは発売時、「世界最安の横折りスマホ」でしたが、重いのが課題でした。

()

OPPOから最新スマートフォン「OPPO Reno11 A」が登場した。 OPPO Reno11 Aは前モデル「OPPO Reno9 A」と比べ、画面の見やすさやカメラ画質の向上はもちろん、お手頃なミドルクラスながらも生成AIによる写真編集機能を用意。大幅な進化を果たしつつも、価格は税込み4万円台に抑えている。

()

総務省が、6月12日に開催した「競争ルールの検証に関するWG(第57回)」にて、ミリ波対応端末の割引制限を緩和する案を示した。ミリ波の対応機種は4〜5%と少なく、iPhoneもミリ波に対応していない。割引上限を現行の4万円(税別)から1万5000円緩和して5万5000円とするのが適切だとした。

()

ホテル室内に男性を監禁し、暴行して現金などの入ったカバンを奪ったとして、警視庁池袋署などは、監禁と強盗致傷の疑いで、京都府京田辺市、職業不詳、田中祥成(しょうせい)容疑者(22)、大阪市中央区、無職の男(19)、さいたま市大宮区土手町、大学生、亀井凱斗(かいと)容疑者(24)を逮捕した。

()

総務省が6月12日、競争ルールの検証に関するWG(第57回)にて、2024年度におけるスマートフォン販売の覆面調査結果を発表した。覆面調査は、電気通信事業法のガイドラインに違反した不適切な販売を行っていないか確認するもの。4キャリアに対して調査したところ、不適切販売が最も少ないのは楽天モバイルだった。

()

米Googleは6月12日、同社のスマートフォン「Pixel」向け新機能「Pixel Feature Drop」を発表した。最新モデルで外部モニターへの接続が可能になった他、クラウドを介さずデバイス上で動くAIモデル「Gemini Nano」をPixel 8 Proだけでなく、8/8aにも搭載するなど複数の機能を強化している。

()

KDDIはコネクテッドカーでのシアター体験やスマートフォンを利用したスポーツ観戦などを、KDDIコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」(東京・中央区)で体験可能にした。「MWC Barcelona 2024」での展示内容や技術をコンパクトに再編集したイベントを6月10日〜30日に開催する。その展示内容を一般参加者に無料で体験させる。

()

ソニーの最新フラグシップスマートフォン「Xperia 1 VI」は、アスペクト比が21:9から19.5:9に変化し、4Kディスプレイもやめた。「Xperia 1 II」以降搭載してきた「Photography Pro」も廃し、カメラアプリを刷新した。一見すると“普通のスマホ”のようになったが、戦略自体は全く変わっていないという。

()

楽天ペイが「楽天キャッシュ」の利用促進キャンペーンを実施しています。このニュースに触れて気付いたのですが、私はスマホ決済でプリペイド残高利用をほとんどしたことがありません……。皆さん、使ってますか?

()

アイティメディアはIIJと合同で「モバイル端末」の選び方についてのアンケートを実施。スマートフォンを選ぶ上で特に重視しているポイントが分かった。アンケート結果に基づき、IIJmioで扱っている豊富なラインアップの中で、特にオススメのモデルを紹介しよう。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

()

IIJが提供するMVNOの通信サービス「IIJmio」は、大手キャリアを含め、通信事業者の中でスマホ端末のラインアップが圧倒的に充実していることで知られている。そのIIJmioで端末の調達、販売を担当している「スマホのプロ」によると、2024年のモデルは一味違うらしい。バイヤー独自の目線でスマホの最新事情を語っていただいた。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

()

J:COMが提供しているMVNOサービス「J:COM MOBILE」の累計回線数が、2023年度に70万を突破した。J:COM MOBILE加入者の90%以上が、「データ盛」を適用しているという。「家族のスマホ保険」は半年で2万契約を突破した。

()

100円ショップなどで購入できるガジェットを、実際に購入して試してみる連載。今回は、ダイソーで110円の「スマホショルダーストラップ」を試してみた。透明シートをスマートフォンカバーに取り付けてぶら下げる……のだが、Lightning端子のiPhone向けケースの多くでは“難”を抱えるかもしれない。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る