ニュース
» 2004年12月07日 18時29分 UPDATE

早速ゲットしたPSPにしみじみ感動 (1/3)

発売前のPSPをチャリティーオークションルートでゲット。まだゲームも発売前なので主に自慢用途にしか使えないが、拍子抜けするほど楽勝だったMP3プレーヤー機能など、超速攻ファーストインプレッションをお届けしよう。

[小林伸也,ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)と楽天が実施したPSPチャリティーオークションに何となく参加してしまった記者。気が付けば、12日の正式発売日前だというのに、手元にPSP本体が届いている。

 とにかく、注目の新ハードをいち早くゲットするチャンスに恵まれた。短時間の使用で感じた超ファーストインプレッションを紹介しよう。

 ただし今日(7日)の時点では、本体と同様、ゲームソフトは未発売。従って記者の手元にあるこのPSP本体、同僚に見せびらかすくらいしか使い道がないのが実情だ。メディアプレーヤー機能などを試しつつも、以下は「ゲームはやっていない」上での印象でしかないことを断っておこう。

液晶デカッ

sk_psp_01.jpg 寄付への感謝文でくるまれた特別梱包。中には久夛良木健・SCEI社長の感謝状も入っている。
sk_psp_02.jpg 本体と各種付属品が同梱された「バリューパック」(税込み2万6040円)の箱。NDSの箱と比べてみた
sk_psp_03.jpg バリューパックの内容物。このうちリモコン付きヘッドフォン、ハンドストラップ、メモリースティックDuo(32Mバイト)がバリューパックの同梱物で、本体のみ購入の場合はオプションとなる
sk_psp_04.jpg やって来ましたPSP。発売日ゲットしたNDSと並べてみる

 箱から取り出してまず驚くのは液晶のデカさ。デカい、デカ過ぎるよPSPさん。電源を投入すると、実際にこのデカい液晶の全画面に映像が表示されてまたたまげる。

 液晶サイズは4.3インチ。解像度は480×272ピクセル(16:9ワイド)とLinuxザウルスのVGA液晶と比べると実はそうでもないが、見かけの解像感はザウルス以上。電源オン後に表示されるメニュー画面のフォントは実に滑らかだ。

sk_psp_05.jpg バッテリー取り付け。バッテリーカバーはなくさないように気を付けたい
sk_psp_09.jpg バリューパックフル装備状態。本体の黒に純正オプションの白が映える。インナーイヤフォンは装着感がいい。リモコンはシンプルな造り。

 本体はややずっしりとしているが、バランスがいいのでむしろ安定感がある、とは言える。左右の十字キーと、おなじみの○△□×ボタンの位置は記者の手にはちょうど良かった。上部のL/Rボタンは若干カクカクしている。液晶下部の音量調整ボタンなどは小さくて“押した感”がちょっと伝わりにくい。十字キー下のアナログスティックはぐにゃぐにゃして楽しいが、ゲームでの操作感は今は分からない。

 本体表面はピアノブラック調で美しいが、どうしても表面に指紋などが付いてしまう。気になる人は難儀するだろう。携帯電話用に見かける眼鏡拭き付きのストラップにすると便利かもしれない。

 電源オンで表示されるコンソール画面の動きは非常にスムーズ。先に発売された「ニンテンドーDS」(NDS)と比べると、同じ無線LAN機能搭載でも「アドホックモード」「インフラストラクチャーモード」を選択できるなど、設定項目は多い。

sk_psp_13.jpg サマータイムも設定可能(左上)、省電力設定(右上)、「ネットワークアップデート」は無線LANアクセスポイントを経由してファームウェアを更新できる機能(左下)、MACアドレスも表示される(右下)。ちなみに背景色は電源投入時はグレー。日付を変えたら赤くなった
sk_psp_14.jpg セキュリティはNDSと同様RSA。日本語入力はなんとATOKで行う。下はソフトウェアキーボード。追記:上の画面の右上部に見える白い点が「ドット欠け」ではないかとのご指摘を読者から頂いた。使用したPSPについては、入手した時点でまずパネルを詳細にチェックし、少なくともこの個体についてはドット欠けがないことは確認済みだ。ただしパネルの表面にほこりが非常に付きやすく、「これはドット欠けか?」と見間違うような点がいくつも見え、そのたびにクロスで拭いて安心する、という作業が発生していた(パネルが高精細な分、細かなほこりの影響が出てしまうようだ)。ご指摘頂いた「点」は、こうして付着したほこりだと思われる

m3uプレイリストも使える音楽プレーヤー機能

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。