速報
» 2005年05月09日 18時39分 UPDATE

携帯向け有料コンテンツ、利用率は9割

ネプロジャパンとネプロアイティの調査によれば、回答者の9割以上が有料コンテンツサイトを利用しており、1カ月の情報量で1000円以上支払っている人も約3割いた。また、一番人気の有料コンテンツは「着メロ(着うた含む)」という結果に。

[ITmedia]

 ネプロジャパンとネプロアイティは5月6日、携帯電話向け有料コンテンツサイトの利用動向に関する調査結果を発表した。調査は、iモード、Vodafon Live!、EZwebの各公式サイト上にある「ザ★懸賞」で4月7〜8日にアンケートを実施し、有効回答数は5023人(男性40%、女性60%)。

 これによると、有料サイトの登録数は、「2〜3件」と答えた人が43%で最多。以下、「3〜5件」(24%)、「1件」(13%)、「5〜8件」(10%)と並び、逆にまったく登録していない人はわずか6%に過ぎなかった。

 登録している有料サイト情報料の1カ月の合計をたずねたところ、もっとも多かったのは「1000円以上」で28%。次いで、「500〜800円」(19%)、「800〜1000円」(18%)と、6割以上の人が1カ月あたり500円以上を支払っていることがわかった。

 登録している有料サイト(複数回答方式)のトップ3は、「着メロ(着うた含む)」(48%)、「ゲーム」(29%)、「待ち受け画面」(14%)だった。

 有料サイトの平均利用登録期間をたずねたところ、25%が「1〜2年」、23%が「2年以上」と、半数近くの人が1年以上の長期間同じサイトを利用していることがわかった。

 また、有料サイトを解約する理由(複数回答方式)のトップ3は、「つまらないから」(45%)、「他サイトへの乗り換え」(43%)、「高いから」(35%)。

 自由回答方式で利用してみたい有料サイトをたずねたところ、「毎日楽しませてくれる、入れ替えが早く情報量が多いのが良い」「自分の趣味に必要な情報提供をしてくれるサイト」「色々と総合しているサイト。着メロや待受、生活情報など全部まとめて入っているサイト」「安くて便利。登録時にあまり個人情報を聞いてこない(パスワードで十分なところ)」などの意見が挙げられた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -