速報
» 2005年05月24日 18時23分 UPDATE

HDDライクなフラッシュストレージ、Samsungが開発

Samsungの「Solid State Disk」はHDDに似た外観で、フラッシュメモリをベースにしている。容量は最大16Gバイト、ノートPCやサブノート向けに提供される。

[ITmedia]

 Samsung Electronicsは5月23日、NANDフラッシュメモリ技術をベースにした初の「Solid State Disk(SSD)」を開発したと発表した。

 SSDは業界最高の記録密度の8ギガビットNANDフラッシュをベースにしており、容量は最大16Gバイト。ノートPCやサブノート、Tablet PCに適した省電力で軽量のストレージメディアだとSamsungは発表文で述べている。

 SSDの消費電力は現行HDDよりも5%少なく、次世代モバイルPCのバッテリー駆動時間を10%以上延ばせるという。重さは同程度のサイズのHDDの半分以下だ。

 また可動部分がないため騒音と発熱を最小限に抑えられるとSamsungは説明している。読み出し速度は57Mバイト/秒、書き込み速度は32Mバイト/秒で、同等サイズのHDDより150%以上高速だという。

 SSDは互換性を確保するため、HDDに似た外観に作られている。Samsungは容量8Gバイトと16Gバイトの2.5インチSSDと、4Gバイトと8Gバイトの1.8インチSDDを開発。1.8インチタイプは8月にサブノートおよびTablet PC向けに提供開始される。

ah_ssd.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -