ニュース
» 2007年11月16日 12時30分 UPDATE

Windows版Safariがアップデート、日本語入力に対応

フォームから英語以外の文字を入力できるようになった。

[ITmedia]

 米Appleが、Windows向けSafariの公開β版をアップデート、日本語を含む各国語の入力に対応した。

 今回リリースされたバージョン3.0.4では、そのほか、セキュリティの問題を修正し、安定性や互換性、JavaScriptやアプリケーションの起動などを改善している。またスペルチェック、cookie管理などの新機能も加えた。Ctrl-F4でタブを閉じるなど、新しいキーボードショートカットも加わっている。

 Windows版Safariはバージョン3.0.2から日本語表示に対応していたが、フォームから日本語を入力することはこれまでできなかった。今回のリリースで英語以外の言語の入力が可能になったが、インタフェースはまだ英語のみ。

ah_safari.jpg

 Windows版Safari 3.0.4はWindows XPおよびWindows Vistaに対応。Appleのサイトから無料でダウンロードできる。

関連キーワード

Windows | Safari | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -