ニュース
» 2007年12月19日 08時42分 UPDATE

「Microsoft Dynamics CRM」、新版は「4.0」とSaaS型「Live」の2本立て

RTMになった新バージョンは、ユーザー企業側でインストールする「Dynamics CRM 4.0」とSaaS型の「Dynamics CRM Live」の2製品。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月17日、CRMソフト「Microsoft Dynamics CRM」の新バージョン(コードネームは「Titan」)を、製造工程向けにリリース(RTM)した。1年以上前から数百社のパートナーや一部ユーザーによって早期利用が進められてきたバージョンが完成したもの。

 ユーザー企業側でインストールして使用する「Microsoft Dynamics CRM 4.0」と、MicrosoftがホスティングするSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型の「Microsoft Dynamics CRM Live」の2製品を提供。いずれも同一のコードベースで設計されているため、ユーザー企業はニーズや好みの変化に応じ、フレキシブルに一方を選んで利用できるとしている。

 新バージョンは、マルチテナント型アーキテクチャにより、1台のサーバで複数の顧客をサポート可能。対応言語数を増やし、複数通貨の取り扱いが可能なほか、クロスエンティティ・ビューやエンドユーザー側でのアドホックリポーティングウィザードなど、新しいBI(ビジネスインテリジェンス)機能が加わった。また、Microsoft Office Communications Server 2007との連係機能もある。

 Dynamics CRM 4.0は25言語以上に対応する。RTMではまず7日以内に英語版の提供を開始した後、1月にはさらに9言語を加え、順次ほかの言語版の提供も開始する。Dynamics CRM Liveは米国とカナダのみでの提供となっており、新版は早期アクセスプログラムを通じて一部のユーザー企業が利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -