ニュース
» 2007年07月11日 08時17分 公開

MS、「Dynamics CRM」をオンデマンド化

Microsoftが、「Salesforce.com対抗」のオンデマンドCRMサービス「Dynamics Live CRM」の詳細を発表。利用料金は月額44ドルから。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月10日、米デンバーで開催のWorldwide Partner Conference 2007で、オンデマンドのCRMサービス「Dynamics Live CRM」の詳細を発表した。この7〜9月期から、北米の顧客に対して「早期アクセスプログラム」を通じて提供を開始し、2008年から本格的なビジネス展開を始める計画だ。ほかの地域へも追って展開するとしている。

 Dynamics Live CRMは、同社のCRMアプリケーション「Dynamics CRM」のオンデマンド版。Microsoft Outlookやブラウザからアクセス可能で、Microsoftが自社のデータセンターで運営・管理を行う。

 まず「Professional」と「Enterprise」の2バージョンをラインアップ。早期アクセスプログラムの下で今四半期中に利用可能になるのはProfessional版で、オンラインデータ同期機能を備えたEnterprise版は2008年上半期にリリースの予定。

 利用料金は、Professional版が1ユーザー当たり月額44ドル。2008年のプロモーション期間中は同39ドルで提供する。今年末までの早期アクセスプログラム期間中は無料で利用できる。Enterprise版は同59ドル。

 同社では併せて、業務アプリケーション製品ライン「Microsoft Dynamics」での、パートナー企業向けプログラム強化を発表。2000万ドルを、トレーニングの提供やソリューション開発の促進などに充てる計画。

関連キーワード

CRM | ERP | Microsoft | Salesforce.com | Windows | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -