ニュース
» 2008年04月08日 16時26分 UPDATE

アイ・オー、PC用地デジチューナーカードを発売へ 単体販売解禁に

アイ・オー・データ機器は、PC用地上デジタル放送キャプチャー製品の量産体制が整ったと発表した。PC用チューナーの単体販売解禁を受け、製品投入が始まる。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は4月8日、PC用地上デジタル放送キャプチャー製品の量産体制が整ったと発表した。まずPCI Express対応の内蔵型「GV-MVP/HS」を出荷し、順次PCIモデル、USB2.0接続モデルを発売する計画だ。

photo 「GV-MVP/HS」。B-CASカードを装着して使用するようだ

 PCに取り付けることで、地上デジタル放送番組をHD画質(1440×1080ピクセル)で録画できるキャプチャー製品。自作PCなどでも地上デジタル放送の録画が可能になる。

 「GV-MVP/HS」のサイズは約125(幅)×95.3(高さ)×14(奥行き)ミリ。アナログ製品で培った技術を生かし、ノイズを抑える回路設計や、1スロットに納める省スペースサイズを実現したとしている。アナログ用録画・視聴ソフト「mAgicTV」をベースに、地上デジタル放送のEPGや字幕、データ放送、双方向サービスに対応した「mAgicTV Digital」を開発中としている。

 これまで、PCにアドオンする地上デジタルチューナーの単体販売を放送業界は認めてこなかったが、デジタル放送の普及に向けて解禁する意向を明らかにしていた。アイ・オーなど周辺機器各社からの製品投入が相次ぎそうだ。

関連キーワード

地上デジタル放送


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -