ニュース
» 2011年11月11日 12時56分 UPDATE

ARM、スマートフォンやタブレット向けの新GPU「Mali-T658」を発表

Mali-T658は、SamsungのGALAXY S II搭載のMali-400 MPの10倍の性能を持ち、次期CPUのCortex-A7とCortex-A15とシームレスに稼働するよう設計されている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英ARMは11月10日(現地時間)、スマートフォンやタブレット、スマートTV向けの新型GPU「Mali-T658」を発表した。

 arm

 Mali-T658は、マルチコア設計にARM独自のMidgardアーキテクチャを採用し、Maliの第3世代製品「Mali-400 MP」と比べてグラフィックス性能が10倍で、GPUコンピューティングでは2010年11月に発表の「Mali-T604」の4倍の性能を発揮するという。Mali-400 MPは、韓国のSamsung Electronicsのスマートフォン「GALAXY S II」などに採用されている。スケーラビリティも向上し、最大8コアまで対応する。

 同GPUは、次期CPUのCortex-A15とCortex-A7とシームレスに稼働するように設計されている。CPUの負荷をGPUのコアに分散する「Mali Job Manager」により、スタンドアロンモードだけでなく、性能の異なるCPUを組み合わせた「big.LITTLE CPU」システムでも効率よく稼働するという。

 既に富士通セミコンダクター、韓国のLG Electronics、Samsungなどのパートナーが、スマートフォンやタブレット、スマートTV向けにMali-T658をサポートすると表明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -