ニュース
» 2014年01月21日 13時26分 UPDATE

Wi-Fi共有サービスのFonにQualcommやGoogleが出資

現在1200万のWi-Fiスポットを擁するFon Wirelessは、米国にも進出し、2016年までにその数を3500万に増やす計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 無線LAN共有サービス「FON」を提供するスペインFon Wirelessが1400万ドルの増資を完了した。同社のマーティン・バルサフスキーCEOが1月20日(現地時間)、自身のブログで発表した。

 このラウンドは米Qualcommのベンチャーキャピタル部門、Qualcomm Venturesがリードし、米Google、Deutsche Telekomなどが出資した。

 FONは、専用ルータを購入してコミュニティーに参加し、自分のWi-Fi環境を提供する代わりにコミュニティー内の他のメンバーのWi-Fi環境を利用できるという共有プロジェクト。日本でも利用できる。

 fon

 Fonは今回調達した資金を新しいルータの開発と米国市場でのプレゼンス拡大に投入する。Qualcommは新ルータの開発に協力し、FonはQualcommが2011年に買収したWi-FiチップメーカーAtherosのチップセットをルータに採用する。

 FonのWi-Fiスポットの数は前年比50%増加し、1200万以上になった。英、仏、ベルギーでは家庭のWi-Fiルータの10%以上がFONのものという。同社はこうした成功を踏まえ、米国でのサービス拡大に取り組んでいる。バルサフスキーCEOはQualcommの発表文で「2016年までに3500万のホットスポットが設置される見込みだ」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -