ニュース
2015年11月24日 14時02分 UPDATE

GmailやYouTubeがスター・ウォーズ仕様に Google×スター・ウォーズ「内なるフォースの覚醒」

スターウォーズシリーズ最新作「フォースの覚醒」公開を前に、Googleの各サービスをスター・ウォーズ仕様にする企画が始まった。

[ITmedia]

 米Googleは11月23日、スター・ウォーズシリーズ最新作「フォースの覚醒」公開を前に、Googleの各サービスをスター・ウォーズ仕様にする企画「内なるフォースの覚醒」をスタートした。

画像 ライトサイドかダークサイドを選ぶ

 特設サイトにアクセスし、Googleアカウントにログインしてライトサイドかダークサイドを選ぶと、ChromeやGmail、YouTubeなどGoogleの各サービスが、各サイドに応じた特別仕様に変わる。

画像 Chromeの「新しいタブ」はスターウォーズの壁紙に

画像 YouTubeのシークバーはライトセイバーの色に
画像 Googleマップのペグマンもスターウォーズ仕様に

画像 Googleカレンダーにはスターウォーズ関連のイベントが

 例えば、Chromeで「新しいタブを開く」をクリックすると、映画のシーンの壁紙を表示。Gmailの壁紙もスター・ウォーズ仕様に変わる。YouTubeではシークバーなどがライトセイバーの色に変化。Googleカレンダーにはスター・ウォーズ関連のイベントが追加される――などだ。

 Google公式ブログによると、同社にはスター・ウォーズファンがたくさんおり、「ダース・ベイダーやヨーダの格好をした犬が職場にいたり、時にはストームトルーパーが、データセンターの廊下をウロウロしている姿を目にする」という。

 彼らが最新作について耳にした時、「検索になにかスター・ウォーズ的なものが出てきたらかっこよくない?」「もし銀河標準語をGoogle翻訳で解読できたらどうする?」など次々とアイデアが浮かび、ルーカスフィルムやDisneyと一緒に企画を作りあげてきたという。

 12月の映画公開までの間、たくさんの仕掛けを準備しているという。「内なるフォースを覚醒させて、遠い昔、はるか彼方の銀河系の物語から生まれた“もの”たちをぜひ探してみてください。フォースと共にあらんことを」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -