ニュース
2016年01月05日 14時54分 UPDATE

自走式プロジェクター搭載ホームロボット「Tipron」 部屋の壁を80インチホームシアターに

部屋の壁や天井に映像を投影するプロジェクター搭載ロボット「Tipron」をCerevoが開発した。

[ITmedia]

 Cerevoは1月5日、プロジェクターを搭載する自走ホームロボット「Tipron」(ティプロン)を発表した。「CES 2016」(1月6日〜9日、米ラスベガス)で実機を展示し、年内に発売する予定。価格は10〜20万円を想定している。

photo Tipron

 壁や天井など上下左右に向け、映像投影や写真撮影を行う自走式ロボット。3メートルの距離から最大80インチの画面サイズで投影する。スピーカーも内蔵しており、本体のみで映像と音声の両方を楽しめる。

photo コンパクトに収納
photo 高さ80センチに変形

 充電時や移動時は高さ約40センチとコンパクトだが、使用時は約80センチに変形。プロジェクターの角度を変更し、約1メートルの高さに投影できる。

 自走式のため、指定した場所への自動移動、自ら充電ステーションまで戻る機能も搭載する。スマートフォンアプリから手動で操縦も可能だ。

photo アプリ画面イメージ

 本体ストレージに保存した動画に加え、HDMI端子でつないだPCやレコーダーのデータ、Chromecastなどからワイヤレス伝送するコンテンツも投影できる。ネット連携すると、Twitterのハッシュタグやニュースなども表示する。番組と連動したハッシュタグのメッセージをテレビ横の壁に――などの使い方が可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -