ITmedia NEWS >
コラム
» 2008年07月01日 10時00分 公開

Microsoftの偉大な10の“革新” (1/4)

Microsoftは「技術革新」を生み出したとは言い難いが、独占を築き、維持するための革新的な事業戦略を生み出した。そのトップ10を紹介する。

[Jim Rapoza,eWEEK]
eWEEK

 Microsoftが独禁法訴訟で争っていたとき、同社が弁護のために掲げていた主張の1つが、「独禁法違反の制裁を受けたら、当社の革新を生む能力が抑えられてしまう」というものだった。当時この主張は、Microsoftの革新を血眼で見つけようとした人たちから笑われたものだった。

 技術面について言えば、これは真実だ。Microsoftが生み出した重要な技術革新を思いつこうとしても難しいだろう。だからといって、Microsoftが革新的ではないということではない。

 Microsoftはビル・ゲイツ時代に、世界最強企業の1つにのし上がる役に立った、革新的で効果的な類を見ない事業プロセスと競争戦略を考え出した。多くの点で、同社は独占を築き、維持するためのハウツーを作ったと言える。

 そこでビル・ゲイツ氏引退に敬意を表して、MicrosoftをIT市場のトップへと導いた10の「革新」をここに記す。あなたなら、このリストに何を入れるだろうか。

       1|2|3|4 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.