インタビュー
» 2006年06月28日 00時20分 公開

How I Work──Lifehackerの仕事術(4):43 Folders管理人が明かす“わたしのGTD”

米Lifehack系ブログとして有名な43 Foldersのマーリン・マン氏が、毎日使うソフトとサイトを披露。「最近はみんな、がらくたをたくさん持ち歩き過ぎです」。(Lifehacker)

[Lifehacker]
LifeHacker

【この記事は、2006年5月11日付で米ブログメディア「Lifehacker」に掲載された記事を翻訳したものです。】

 生産性アップの達人でライター、世界中のライフハッカーに刺激を与えるマーリン・マンは、拡大を続けるGTDムーブメントの重要な立役者だ。マーリン自身はどんなツールを使って仕事をこなしているのか。

LH: 毎日使うデスクトップ・ソフトウェアは?

マーリン 

 これらを併用しているときの(MacOSの)Mail.appは、電子メール軍団の侵略を打ち負かす優れものです。併用しないときは、まあマジノ線くらいかな。つまり、すごく賢いけど機能は限定的。とはいえここ数カ月、わたしはスマートフォルダが気に入っています。受信箱の上位を占める何百という未処理・未フラグのメッセージをにらみつつ、スマートフォルダは、メールの世界に直角の視点を提供してくれます。これはフラットなメール受信箱にはできないこと。検察可能な属性がもう少し増えてくれたら(「未フラグのメッセージ」とか「送信済みデータ」とか)もっと幸せです。

  書く作業には、事実上すべてでTextMateを使います。たいていはジョン・グルーバーの素晴らしいツールMarkdownで構造化しますが、時にはプレーンテキストかXHTMLで。それはそのテキストを後でどう処理する必要があるかに応じます(実際、今もこれを使って原稿を入力しています)。コーディングにもTextMateを愛用しています。タブで呼び出せるスニペットと各種の設定可能なコマンドは、単純作業の繰り返しが大嫌いなギークのマインドにぴったりですね。

  Safariは、そのままなら堅実なB+レベルのツールです。でもPithHelmetを入れ、Saftを入れ、そしてSafariStandを入れると……ベイビー、シチューの出来上がりだ! そう、Firefoxも好きですが(拡張機能が素晴らしい)、遅く感じられる時があります。乗り換えようかと思いながら、いつも結局は、クパチーノに帰ってきてしまいます。それは多分、Safari生来の見た目の良さと、Macライクな親しみのおかげ。かな。

 わたしはKinkless GTDの大ファンで自分のプロジェクト/タスク管理に使っていますが、これはOmniOutliner ProドキュメントとしてAppleScriptsで作られています。最高です。OmniOutliner Proは機能の概要をまとめる上でも理想的です。プレゼンテーション用のアウトラインを作り、2秒でKeynote用に書き出すこともできます。ヒュー。

 やはりkGTD絡みなんですが、これの同期機能のおかげで、1日の多くの時間をiCalの中で過ごしています。辛抱強いMacユーザーは、かわいいけど知的発達のちょっと遅い「いとこ」を扱うかのように、iCalに対して不可解なほどの忍耐をもって接しています。わたしたちは、多くのことに我慢するたちのようです。特に、自動アラームの欠如は痛い。でもまあ、シンプルで理解しやすいし、今のところはこれでいいか──。それが、戦うギークのツールとなるために、このアプリケーションがどれほどアップグレードの必要に迫られているか、その感覚を和らげている要因の1つなわけです。助けて、スティーブ。僕のカレンダーにフライングモンキーを送ってくれ〜!

 そして当然、Quicksilverをたたえずしてマーリンのインタビューが終わるはずがありません。このアプリケーションはアルファでありオメガです。今朝も、Quicksilverはフレッシュシナモンロールを焼き、わたしにホットストーンマッサージをしてくれ、倒れそうなユーカリの木からパンダを2匹引き出してくれました。テキストファイルに行を付加するのも素晴らしくうまいのです。あ、それはご存じでしたね。

LH: 毎日利用するWebサイトは?

マーリン えっ。とんでもなく生産性の低いわたしのサーフィン習慣をばらせなんて言わないでくださいよ。

 1週間の閲覧時間数を計測したら、Googleが明らかにトップですね。いわゆる旧来の検索に加えて、定義を調べたり、電卓として使ったり、地図や天気をチェックします。Googleは大好きです。

 Wikipediaが意外なほどの僅差で2位。以前、Googleを使って調べていたことの多くが、Wikipediaでずっと速く見つけられるようになりました。ほとんどすべてのものについて、基本を知るだけなら、ほかのどこよりWikipediaが速く見つかります。最近ちょっと凝ってるのは、Wikipediaの面白いエントリー用にWebアーカイブをDEVONthinkに取り込むこと。これでいつか、無敵の情報通になれるんじゃないかと考えたりしています。

 Mule DesignのWebログ(ブログ)、Flickrの友人たちの写真、それにもちろん、Stuff On My Catにアクセスするのも好きです。

LH: スケジュール管理にどんなPDA、オーガナイザ、システムを使っていますか?

マーリン 裁判所に行くとき、脂肪吸引法を受けるとき、たまにドラムのサークルに参加するとき以外、めったに家を出ないので、重い持ち歩きシステムはほとんど必要ありません。幸い、何かにすぐさま関与する強い欲求に対し、あきらめるのも得意なので、ランチに行くとき予定表が必要、というタイプではないんです。でも必要なものはすべてノートPCに入れてあるので、いざ出歩くことになり、可能なときには、とても身軽に旅行ができるようにしてあります。

 いつも小さなノートかインデックスカードの束を持ち歩きます(誰かが面白い命名をしてくれるといいんですが)。それ以外の持ち物は、財布、携帯電話、スペースペンだけです。

 でも、そう、とにかく身軽ですよ。iPodでさえ、もう持ってません。最近はみんな、がらくたをたくさん持ち歩き過ぎです。異様ですね。

この記事は、Lifehackerの発行元である米Gawker Mediaの許可を得て、アイティメディア株式会社が翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -