ニュース
» 2006年09月08日 19時00分 公開

第62回東京インターナショナル・ギフト・ショー:ワタミ社長プロデュースの手帳、2007年版には新アイテムも

「夢に日付を入れることで夢を実現させる」がコンセプトの、ワタミの渡邉美樹社長がプロデュースした手帳「夢に日付を! Date your dream」2007年版は、従来のシステム手帳キットに追加して、綴じ手帳やリフィルのバラ売りに対応している。

[吉田有子,ITmedia]

 ワタミの渡邉美樹社長がプロデュースした手帳「夢に日付を! Date your dream」は、「夢に日付を入れることで夢を実現させる」がコンセプトだ。

システム手帳キットのほかに関連書籍、リフィル保存用バインダーなども揃っている

 この手帳を使うには、まず夢を「六本の柱(仕事、家庭、健康、趣味、教養、財産)」の各分野でそれぞれ決めるところから始める。その夢をかなえるために、1年ごとに何をすべきかを「5カ年計画ノート」に、その年の目標をさらに月ごとに細分化して「1カ年計画ノート」に書きこむ。同様に細分化を進め、月別ページの「マンスリーノート」、週別ページの「ウィークリーノート」に書きこんでスケジュールを決めていく。

 1日の終わりには、「日記」のスペースでその1日を振り返り、やり残しがないかチェックする。また、予定のうち終わったことは赤の筆記具で消す。黒のペンではなく赤で消す理由は、書いた予定があとから読めるようにするためだ。予定の達成度が高いほど、手帳が真っ赤になり、達成の満足感を味わえる。

 この手帳には、バインダーと同素材のカードケースが付属する。夢を書いておく「夢カード」をセットし、バインダーのポケットに入れるためのものだ。ときおりポケットから出して「夢カード」を読み返したり、追記したりすれば、くじけがちな気持ちにはげみになるかもしれない。

 バイブルサイズで、バインダー、リフィル、夢カードケースを含む「Date your dream システム手帳キット」は1万500円。バインダーの色は去年のブラックとブラウンに加えて、2007年版からはネイビーとレッドを追加。また、リフィルや夢カードの単品販売、綴じ手帳の販売も開始している。

「夢に日付を! Date your dream」手帳に今年から追加された綴じ手帳

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ