ニュース
» 2007年03月12日 10時33分 公開

第3回 ノートPCを持たずに外でシゴトする人はオンラインのみで生きられるか

シゴトに集中するには場所を変えてみるのが古典的なやり方。でも、PCを持って歩くのは大変だし、そもそもデスクトップPCは持ち歩けない。ではデータだけをうまく持ち運んでみては?

[杉村啓,ITmedia]

 仕事がたまってくると、家で仕事をしなければならなくなったりすることがある。もしくは僕のように、家で仕事をしている人もいるだろう。

 ただ、家の中というのはなかなか仕事に向いている環境とはいいづらい。何かと誘惑が多いのだ。ついつい仕事そっちのけで別な作業をやってしまい、気が付いたら何時間も経っていたりする。漫画家さんの多くが家と仕事場を分けていたりするのも、同じような理由なんじゃないだろうか。

 人は現実逃避をする生き物だ。もちろん、すべての人がそうとは言わないが、少なくとも僕は非常に誘惑に弱い。大掃除をしていても、ついつい「あ、こんな本そういえば持っていたなー。懐かしいなー」と読みふけってしまうタイプなのだ。さらに困ったことに、本も音楽もゲームも大好きなので、時間をつぶそうと思ったらいくらでもつぶせてしまう。これじゃ駄目だ。

 そこで、どうすれば誘惑に負けないようにできるかを考えた。やっぱりここは古典的な手段だけど、誘惑の少ない場所で作業する、というのがいいんじゃないだろうか。家の外で、閉じこもって仕事をする。いわゆる「缶詰」って奴だ。

 一昔前は、こういう外で仕事を集中的にするといえばノートPCをファミレスなどに持ち込む、というのが定番だったと思う。だけど、今は街中のいたるところに漫画喫茶やネットカフェがある。しかも、ネットカフェのPCにはOfficeソフトがインストールされているものも少なくない。ということは、データさえ用意すれば、ノートPCを持ち歩かなくても外で仕事ができるのではないだろうか? いや、できるに違いない!

ノートPCもなしで、外でシゴト

 というわけで今回はデータの持ち運びをオンラインサービスでやってみることにした。ノートPCやUSBメモリだと紛失したときに個人情報保護の観点から大変だから──というのはもちろん建前で、本音はあまり物を持ち運びしなくてもいいから。やっぱり、楽をしたいよね。

 まず使ってみたのが、「Yahoo!ブリーフケース」。ライターの友達で、実際にネットカフェを仕事の追い込み時に利用している人から「これは楽でいいよ」と聞いたからだったりする。人の言うことを素直に聞くのは、僕の長所だ(ただ単に人に影響されやすいだけかもだけど……)。

 仕事で使うファイルを家からアップロードして、それをネットカフェでダウンロードして使ってみたが、全然問題ない。問題がなさすぎて拍子抜けしちゃったぐらいだ。ひょっとしたら、ネットカフェによってはセキュリティの問題で使えないところがあるかもしれないけど、僕の近所にあるお店では大丈夫だった。

「友達に送る」サイコー!

 一番使って良かった、楽だったなーと思ったのは、ブリーフケースに入れたファイルを人に送ることができる機能だ。というのも、実はこのファイルを送る問題でちょっと悩んでいたから。一般に、セキュリティの問題などさまざまな問題から、1度に送れるメールには容量の制限がある。これが、悩みの原因だったのだ。

 先日、あるところでお仕事をさせていただいたときに、原稿データとは別にデジカメで撮った写真のデータを送ることになった。これ自体はよくあることだけど、問題はデータの受け渡し方法。メールでやり取りをしていたのだ、向こうもこちらも1度に10Mバイトのデータしかやり取りができなかったのだ。ところが、最近のデジカメ性能が良すぎるため、1つの写真データが2Mバイトとかの容量になるのもザラ。これだと30枚ぐらいの写真を送るのにも、メールをたくさん送らなきゃならない。受け取る方も大変だし、送る方も大変だ。さらに、相手のメールボックスがあふれちゃうんじゃないかと、ちょっと心配にもなる。

 こりゃ自分でFTPサーバを立てなきゃならないかなぁ、面倒だなぁ、と思っていたら、ちょうどこのYahoo! ブリーフケースの「友達に送る」機能を見つけた。こんな簡単にファイルを公開できるとは、何て素晴らしいんだ。ブラボー! と思わず喝采をあげてしまうほど楽でうれしかった。こりゃあいい。

 しかし受け取った友達から言われた。「これ、どうやったら全部まとめてダウンロードできるの?」。……たしかに数多くのファイルを送るときは、ZIPなどにいったんまとめておいたほうがよさそうだ。

検索があるといいかも?

 ネットカフェで原稿を書き上げて、写真データや資料と一緒にその場で提出までラクチンでできてしまうのは非常にありがたいのだが、ちょっとだけ不満というか要望もある。それは、検索機能。

 非常に面倒くさがりの上に、整理整頓が苦手なので、僕はWeb検索もデスクトップ検索も使いまくる。よく見るWebページでもブックマークを使わずに検索。使っているコンピュータはMacなので、ファイルを探すときもSpotlightというMac内を簡単に検索してくれる機能を使って見つける。そもそもフォルダを使ってファイルを整理することをしないで、その時使っているファイルはデスクトップにバンバン保存して、デスクトップ上が見づらくなったら適当なフォルダを作ってそこに全部放り込む、ということをやっていたりする。我ながら、なんて適当なんだと思うんだけど、最近の検索技術の進歩は素晴らしく、この方法でほとんど困ったことがない。

 そんな僕だから、Yahoo!ブリーフケースでも適当にファイルをアップロードして、検索で条件に合うものだけをバーッと並べるってのがやりたかったりするのだ。これができれば、個人的にはかなり楽なんだけどなぁ。

メモ帳も面白い

 今回、ちょっと面白いと思ったのがYahoo!ノートパッド。これは、なんだろう? 自分専用の掲示板っていう表現が一番しっくりくるかな。ちょっとしたアイデアとかを簡単にメモすることができる。フォルダを作って整理したりすることもできるし、さらにこのノートの中身を対象に検索をすることもできる。

 僕は基本的に何か思いついた時には手帳にメモを取るようにしている。でも、手帳には検索機能がない。というわけで、このメモを時間があるときにノートパッドに整理するようにしてみた。するとまあ、これがけっこう便利なんです。

 手帳のメモだと、基本的にそのアイデアを膨らませようと思ったときに、付け足して書きづらい。ほとんど箇条書きに書いているので、膨らませる余白がなかったりする。でも、最初からこれぐらいに膨らむと分かって書いているアイデアじゃないし、そもそも膨らまないでそのままのアイデアだって多い。というか、むしろ膨らまない、くだらないアイデアの方が多い。そんな状態で、どれぐらい膨らむか考えて余白を取るのは面倒だし、何か手帳の無駄遣いのような気がして嫌だ。

 そこで、そのメモをYahoo!ノートパッドに整理して書き写すようにしてみた。これが、自分の考えを整理するのにも役立つし、アイデアを膨らませたい時にも簡単に書き足すこともできるし、いいことづくめ。今はまだ使い始めなんでそれほど数が多くないけど、このメモが溜まっていけば、前に同じようなことを思い付いていないかな〜と思った時に検索をするという使い方もできてしまう。こりゃ便利だなぁ。もっと早く使い始めれば良かった。

 今回、いろいろなサービスを使ってみたけど、オンラインサービスを駆使して十分にネットカフェで仕事をすることができた。全然問題なんてない。

 でも、ちょっとだけ注意が。ネットカフェなどを利用する場合には、情報の漏洩に気をつけなきゃならない。使用したデータはきちんと削除したり、履歴やパスワード、キャッシュ、Cookieがブラウザに残ったりしないよう、十分に気をつけて使うようにしよう。

筆者:杉村 啓

IT系テクニカルライター。WindowsでもMacでも何でもこいのオールマイティー型。主に初心者向けの記事を得意にしています。最近は自転車の本を書いたり、アニメ料理評論家という肩書きがついたりと、自分でも何者なんだかよく分からなくなってきていたりして。デジタルガジェット好きが災いし、持ち歩く荷物が多くなりすぎてしまったことから、オンラインサービスでいろいろ済ますことができれば荷物が減るのではないかと思い、あれこれ画策中。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ