ニュース
» 2008年06月18日 16時48分 公開

2009年のワタミ夢手帳、かさばらない差込式ダイアリーを追加仕事耕具

「夢に日付を」――を提唱するワタミ渡邉美樹社長がプロデュースする“夢手帳”。2009年版は、ラインアップに薄くてかさばらない差込式ダイアリーを追加する。

[鷹木創,ITmedia]

 2009年版ワタミ夢手帳に「Date your dream 差込式ダイアリーキット」が登場する。価格は本革製が5250円、合皮製が3150円で、販売は9月から。なお、2006年から販売しているとじ手帳は終了する。

Date your dream 差込式ダイアリーキット

 ワタミ夢手帳は、「夢に日付を入れることで夢を実現させる」ことを提唱するワタミの渡邉美樹社長がプロデュースする手帳だ。これまでリング手帳タイプ、とじ手帳タイプを販売していたが、2009年度版ではリフィルの入れ替えができて、とじ手帳並みに薄い差込ダイアリーを追加した。

 夢手帳の記入方法は、スケジュールを記録する手帳本体のほかに、自分の夢やそのための行動基準をメモする「夢カード」、毎日の日記を付けるダイアリーとなる「デイリーリフィル」という3つのアイテムを利用する。夢カードに書いた夢をスケジュールに転記し、5カ年計画を立てたり、その計画からブレークダウンして年間・月間・週間計画を練ったりするわけだ。反対に、デイリーリフィルの反省点や気付いたことから、5カ年計画を修正することもある。

 いずれにせよ、リフィルを入れ替えたり補充したりすることが多く、ページ数が固定のとじ手帳では「対応が難しかった」(発売元のレイメイ藤井)。とはいえ、コンパクトで薄型の手帳は需要も多く、また、渡邉社長自身がもともと差込手帳を愛用していたことから、今回の差込式の販売が決まったという。

リフィルを差し込んだところ(左)。ウイークリーリフィルは朝8時から深夜23時までの予定が縦に書き込めるバーティカルタイプ(右)。働き方によって書き込む時間にばらつきがあるとのことで、レイメイ藤井によると、「ワタミに納入している手帳では、昼の12時から翌日の朝までの予定を書き込めるようにしている」という。

 Date your dream 差込式ダイアリーの大きさは、180×13×182ミリ(幅×奥行き×高さ)。重さは本革製が245グラム、合皮製が224グラム。キットにはいずれも2008年12月から2009年12月までのリフィルや活用ガイドを同梱する。

 このほか、従来のリング手帳タイプ「Date your dream システム手帳キット」も2009年度版が9月に登場する。こちらの価格はリング径8ミリのものが1万500円、同じく24ミリのものが1万4700円となっている。

関連キーワード

手帳 | 社長 | 目標 | メモ帳 | 文具


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ